モリノネチャンネルという旅行やキャンプを行っている風景を流すユーチューブチャンネルがあるのですが、こちらがかなり癒やされると話題です。
癒やしといえば犬や猫といった動物系の動画がメジャーですが、アウトドアの風景を見るのもかなり癒やされるという事をこちらのユーチューブで知りました。
一度見てしまうとその映像の美しさに引き込まれてしまい、最終的には
何もかも忘れてどこか旅にでも行こうかな・・・
と思わずにはいられませんw
今回はそんなモリノネチャンネルの紹介をしていきたいと思います。
 
こちらの記事では

  • モリノネチャンネルに出ている人は誰?経歴は?
  • 年収はいくら?仕事は何してる?
  • どこで撮影している?
  • 使用している道具や乗っている車は何?

といった内容を掲載しています。

モリノネチャンネルの経歴プロフィール!

モリノネチャンネルは景色や風景だけでなく、車を運転していたり、キャンプで料理をしたりといった場面があるのですが、そこで謙虚に登場する人物がいます。


名前はまーやんさんと言います。
モリノネチャンネルを運営している方で
住所は大分県で年齢は30代前半、家族構成は奥さん、3歳の娘さん、0歳の息子さんの4人暮らしです。
動画で見た限りではかなり凛々しく、シュッとした気骨ありそうな雰囲気の方です。
まーやんさんがモリノネチャンネルを作った理由ですが、29歳で独立してからしばらくして
「自分の価値観に沿ったメディアを作ってみたい」
そして
「インターネットを介して同じような価値観の人と繋がりたい」
と考えるようになったとの事です。
やはりイメージ通りシュッとしてらっしゃる。
まーやんさんは人混みや多人数の場所が苦手らしいのですが趣味は
カメラ、キャンプ、登山、車、料理、温泉
といった感じで完全にアウトドア派です。
人混み苦手、カメラ得意、アウトドア派
この3つが上手く組み合わさって心が落ち着くアウトドアの癒やし系チャンネルが出来上がっているんだと思いました。
カメラが得意なのがかなり強みで、構図や編集のセンスがすばらしいです(●´ω`●)
ご家族みんなでファミリーキャンプしている動画などもアップされているのですが、
まるで素敵なCMの一場面を見ているようです。
 
これぞ理想の家族!
 
って感じました(^^)

モリノネチャンネルの収入は?

モリノネチャンネルのユーチューブでの年収はいくらでしょうか?
 
現在の2020年5月の時点で総再生回数は797万5271回あります。
チャンネル登録者数は12万人います。
 
動画投稿数は46本で1動画あたりの再生回数17万3375回あります。
 
以上の事から計算しますと、
 
今までの予想獲得金額は95万7032円くらいですね。
 
2年3ヶ月やっていますので今までの平均年収で考えると42万5347円くらいです。
 
しかし現在は着実に登録者と視聴回数を伸ばしています。
あれだけクオリティーが高い動画をポンポン投稿するのは難しいと思いますので今までと同じように月に1~2本ペースとして
このままで行くと今年のユーチューブでの年収は推定で100万円~300万円くらいかと思います。
家族みんなを養うにはちょっと・・・いや、かなり足りませんね・・・
ユーチューブ以外のお仕事は何かされているのでしょうか?
 
まーやんさんは29歳で独立して現在フリーランスとして働いています。
最初の頃は知り合いやクラウドソーシングなどでWEBやデザイン、映像制作のお手伝いの仕事を受注していたそうです。
そして現在はWEBメディアやブログを作って運営したりしています。
なるほど、だからユーチューブの動画編集がすごく上手なんですね。
WEBメディアやブログの方でどれくらい稼いでいるかなどは不明ですが、現在は需要が多い仕事ですしあのモリノネチャンネルを運営するだけのスキルがあればかなり稼げていると思われます。
まーやんさんは今後は仕事をYouTubeだけにする予定はあるのでしょうか?
ユーチューブは成功するとかなりの収入になります。
ユーチューブで稼げるようになってくればそれ一本に絞るという選択肢も生まれてくると思うのですが・・・
こちらに関してはユーチューブのみを仕事にしていくというのは考えていないとの事でした。
本人曰く
「僕のチャンネルはかなり偏っているので、今後そこまで再生回数や登録者数が増えるとは考えていません。」
との事
確かにチャンネルの雰囲気的に独特なので大衆に支持されるというよりは、一部のファンににすごく支持される感じです。
固定ファンは着実に増えていくジャンルだとは思いますが、確かにこれ一本に絞るのはちょっと勇気がいりますよね・・・
家族もいるし。
ユーチューブは趣味を通じて価値観が同じ人と喜びを共有しつつ、お金もある程度は稼ぐというくらいの位置づけなのではないでしょうか。

モリノネチャンネルの撮影場所は?

いつも素敵な風景で癒やしてくれるモリノネチャンネルですが、撮影している場所はどこなのでしょうか?
チャンネルを運営しているまーやんさんのお住まいが大分県ですので、基本的に大分県のキャンプ場などで撮影しています。
有料キャンプ場や無料キャンプ場、時には私有地で許可をもらってキャンプを楽しんでいるようです。
基本的に場所は公開していませんが、キャンプ場の方から許可をもらっている場合のみなのかいくつかは紹介しています。
 
鉄山キャンプ場
久住連山の標高1000メートルの位置にあり、人工的な建造物を少なくしできる限り森の中のキャンプ生活を楽しめるように設計されている。
平均気温は約6度と低く、夏でもひんやりとした気候のためテントの中でも快適に過ごすことができるキャンプ場。
https://twitter.com/MT_03_CYGNUS_X/status/1020927639039561728
 
九重グリーンパーク泉水キャンプ村
静かなたたずまいに広大な敷地を有するアウトドア派に大人気。
グランドや体育館など付帯施設も充実しており、満天の星空が見渡せる温泉露天風呂もある。
降り注ぐ陽光と爽やかな風、緑の大自然を心ゆくまで満喫できるキャンプ場。


 
ボイボイキャンプ場(旧:モーモーランド久住オートキャンプ場)
場内には車の乗り入れもでき、テントの横に停められる。
夜は360度の星の天体ショーを見て、翌日はテントを張ったまますぐ隣の登山道から、くじゅう連山に登ることもできる。
近くに温泉施設やスーパーがあり便利で広々とした完全フリースペースのオートキャンプ場。


 
どれも素晴らしいキャンプ場です!
モリノネチャンネルを見ているせいで幻想的なイメージが脳内で余計に広がっていると思ってはいますが、実際に行ってもイメージに近い幻想的な雰囲気を味わえそうです(●´ω`●)

モリノネチャンネルの使用している道具や機材(カメラ)・車種など愛用靴を調査

モリノネチャンネルではかっこいいテントや、美味しい料理を作るフライパンなどいろいろ魅力的なキャンプ道具が出てきてワクワクします。
普段の生活では使わない物が多いのですが、いったいそれらはどんなキャンプ道具なのでしょうか?
よく使っているアイテムを調べてみると

  • スノーピーク ソロテント&タープ ヘキサイーズ 1
  • スノーピーク ローチェアショート
  • スノーピーク焚き火台 Lサイズ(スターターセット)
  • ユニフレーム 焚き火テーブル
  • ユニフレーム ネイチャーストーブ ラージ
  • キャプテンスタッグ 2Way 焚き火ゴトク(ワイド)
  • ハイマウント アジャスタブルグリル
  • ユニフレーム ミニロースター
  • ユニフレーム ちびパン
  • ロッジ スキレット 6 1/2インチ
  • ロッジ スキレットカバー 6 1/2インチ
  • ユニフレーム キャンプケトル
  • スノーピーク ケトル No.1
  • DUG(ダグ)焚火缶3サイズセット
  • ダルトン アカシアカッティングボード レクタングル(S)
  • スノーピーク チタンダブルマグ 220ml
  • オピネル No.8 ステンレスナイフ /ウォールナット
  • ジェントス(GENTOS)LEDランタン SOL
  • スノーピーク ギガパワーストーブ 地 オート
  • ナルゲン コーヒービーンズキャニスター150g
  • ソト(SOTO)スライドガストーチ

といった道具でした。
キャンプをする時にはぜひ参考にしたいですね。
撮影しているカメラはPanasonicのLUMIX GH5ですね。
ユーチューバーに人気のカメラです。
以前はソニーのα7Siiを使っていたようですが、小型なところや操作性の良さからGH5に変更したようです。
これからさらにモリノネチャンネルは盛り上がると思うのですが、それと同時にどんどんアイテムが増えていきそうです(^o^)
そして動画にもちょくちょく出てくるSUVの車種が気になりますがなんでしょうか?
あれはトヨタのランドクルーザー70 ZXですね。
乗車定員は5名。最大積載重量は600Kg。
年式は1997年製なので20年以上も前の車ですが、広い貨物スペースがあり、牽引もできて、山道で何かあっても対応出来るという事で旅やキャンプに向いている車ですね。
愛用している靴はメレルのジャングルモックですね。
メレルはアウトドア派に大人気のメーカーです。
ジャングルモックは濡れた路面や悪路に強く、さらに履きやすいというキャンプにピッタリの靴です。

まとめ

モリノネチャンネルはノスタルジックという言葉がとてもしっくり来ます。
日常から少し離れればそこにある非日常をすばらしい映像美で私達に届けてくれています。
一度見れば誰もが心の奥底に眠っている冒険心をグッと掴まれるような感覚になるでしょう。
キャンプが好きな人はもちろん、キャンプに興味がない人が見ても確実に楽しめるし感動する事間違いなし!
オススメです!!

おすすめの記事