NBA・バスケットボールについての動画が人気急上昇中のRikutoAFさん。
今回はRikutoAFさんの

  • 身長や年齢などのプロフィール
  • 出身大学や高校などの学歴
  • 気になる収入

について調査してみました。
現在、彼のYouTubeのチャンネル登録者数は8.59万人、Twitterのフォロワー数は2万人、Instagramのフォロワー数は1万人とこれからぐんぐんと人気を上げてきそうです。

簡潔で分かりやすいNBAについての解説と、関西仕込みの笑いありのトークで、バスケに興味がなかった人やNBA初心者からもアツい人気を集めています。
それでは詳しく見ていきましょう。

Rikuto AFのプロフィールまとめ!年齢や身長は?

RikutoAFさんのプロフィールです。


生年月日 : 1992年1月生まれ(28歳)
身長 : 174センチ
最終学歴 : 大学卒業
出身地 : アメリカ合衆国 ニューヨーク生まれニューヨーク育ち
母国語 : 英語
AFの意味 :離婚した両親のイニシャル(英語に訳すとしたらas FUCK【超○○】の意)
好きなもの : バスケットボール・NBA・幼少時代は恐竜好き(特にTレックス)・ポップコーンに辛ラーメンの粉をかけて食べる

【RikutoAFさんのSNSはこちら】
YouTubeチャンネルはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

簡単にまとめてみるとこのような感じです。

RikutoAFさんの動画では初心者でも分かりやすく、そして時に寸劇が入っておもしろいと人気です。
彼の動画を見てからバスケを始めた方も居るほど。
Twitterではフォロワーとの絡みも多く、インスタではプライベートやバスケに関する投稿が多いです。

1番人気の動画はコチラ


カーメロ・アンソニーはNBAのオールスターに10回も選ばれた事があり、オフェンス力で言うとNBAの歴史の中でも超トップクラスに入るほどの選手。
しかし超戦力の彼は近年、評判が悪く、急に他チームにリリースされることに。
それはなぜなのか?その理由を激励を込めて解説されています。

日本のNBAファンはすごい選手の存在は知っていても、チームの裏事情や現地での評判などはなかなか入ってこないので、RikutoAFさんの解説はとても腑に落ちるものです。
「この時代のあの試合」と言うピンポイントでのプレーの解説を折り込みながらのトークは、いつの間にかフムフムと聞き入ってしまいます。

 

 

 

Rikuto AFの学歴(出身大学・高校)は?

RikutoAFさんは母国語の英語はもちろん、長く日本に住んだことはないのに日本語もペラペラです。
どこで勉強されたのでしょうか?

残念ながら出身大学や高校の学校名までは明かされていません。

しかし、どのようにして日本語をマスターしたのか、RikutoAFさんの人生をもう少し詳しく深掘りして見てみましょう。

小学生~中学生時代
平日はアメリカの公立小学校に通い、土曜日は日本人学校に通われていました。
日本人学校や日本人の両親との会話、アメリカで配信されている日本のドラマやバラエティ番組で日本語を勉強、修得されました。


高校生時代
RikutoAFさんは自身の動画で、ニューヨークのウォールストリート街にほど近い学校だったと語られています。
その学校は公立で、ビルの11階~13階が学校と言う変わった形態だったとも仰っています。
調べてみたところ、そのような高校はミレニアム・ハイスクール1件のみと思われます。

ミレニアム・ハイスクールMillennium High School)は、ニューヨーク市マンハッタンブロード・ストリート75番地にある公立ハイスクール。ニューヨーク公立ハイスクールでは珍しく、旧ITTビルディングの11階、12階、13階を占めており、ロウアー・マンハッタン金融地区にある[1]

引用:Wikipedia

このミレニアム・ハイスクールがRikutoAFさんの出身校と言っても良いかもしれません。
ビルの中なので体育館も校庭もありません。
アメリカの高校ではマストと思われるアメフト部やチアリーディング部もなかったそう。

高校生時代にもスポーツはやっていたそうですが、スポーツクラブやジムなどへ通っていたと思われます。

大学生時代
詳しい出身校は不明でしたが、変わらずニューヨークに在住でしたので、ニューヨーク市内にある大学に通っていたと思われます。
高校がミレニアム・ハイスクールだとすると、その周辺の大学は
ニューヨーク大学・コロンビア大学・バークレー大学・トゥーロ大学
などが挙げられます。これらのどこかがRikutoAFさんの出身校だったのかもしれませんね。

そしてこの頃、大学2年生のときに両手首を怪我して1年半もの間、引きこもりになったそう。
その時日本人の友人から「英語を楽しく上達するコツが知りたい」と言われたのがYouTubeを始めるきっかけでした。
最初はまだNBAの解説は行っておらず、英語の学習動画や日本とアメリカの文化の違いなどを発信していました。

そして卒業間際、一緒に動画を作っていた友人と別の進路を歩むことが決まり、一人でYouTubeを続けることに。

大学卒業後
大学卒業後はスポーツマーケティングの会社で動画関係の仕事をされていました。
4年間は仕事とYouTuberとの2足のわらじでしたが、好きなことを発信したいとやりがいを求めるように。
2018年9月、26歳の時に会社を退職しYouTuberになる決心をします。

このときチャンネル登録者数は8000人。

収入が安定するか確証のないままでの転身はなかなかリスキーですね。
このあたりがアメリカンの血を感じます。

Rikuto AFの収入を調査!

チャンネル登録者数が8万人を超えたRikutoAFさん、5万人を超えたあたりから人気が急上昇しています。
YouTuberの収入をデータから数値化するサイト、チューバータウン(http://tuber-town.com/)によると

チャンネル登録者数:8万3800人
1本あたりの再生回数:9万1827回
平均年収:47万7742円

となっています。
ただし、ここ最近のチャンネル登録者数の伸び方が右肩上がりなのと、最近の動画再生回数は平均値よりもずっと高いことから、
この予測値よりも年収は高いと思われます

ラジオのインタビューを受けた際には、
「貧乏だけど生活できるほどには収入を得ている」
と話されていました。
ニューヨークで一人暮らしをする際の生活費を調べてみたところ、家賃込みで約$1,500ほど必要なようです。
税金などを考慮して月に$2,000ドルの収入が必要だと考えると、年収$24,000は欲しいところ。

日本円で言うと260万円程でしょうか。

しかし最近では楽天のNBAチャンネルとコラボしたり、仕事の幅が広がってきているようです。
あくまでRikutoAFさんは自分は貧乏だと公言されていますが、それでも同年代の日本のサラリーマンの年収と同等かそれ以上は稼いでいると思われます。


まとめ

今回はバスケ・NBA解説動画で人気のRikutoAFさんについて調査しました。

RikutoAFさんは
自身をバスケオタクと公言する28歳
ニューヨーク生まれニューヨーク育ちで英語と関西弁のバイリンガル

そんな彼の動画の見所は、
バスケやNBAについて初心者でも分かりやすく解説されている
NBA選手やチームの裏側までマニアックな情報を提供
流暢な関西弁がおもしろく、トークのセンスが抜群
です。
RikutoAFラブ!なファンも多く、もっと人気が出ても良いのに・・・日本のテレビ番組に出て欲しい!などと言った声も多く聞かれます。

日本でのバスケ人気と共に今後の成長が楽しみですね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事