近年は有名TikTokerが、YouTubeでも活躍する流れがとても多くなってきました。
本日ご紹介する、YouTubeチャンネル【ゆうせいだお】のゆうせいさんTikTokで人気に火が付いた1人で、YouTubeでも注目の人物となっています。


シンプルでありながらユニークなチャンネル名に、「中卒会社員」という肩書もとても気になります。
一体ゆうせいさんはなぜ注目されているのでしょうか?
 
今回はそんなゆうせいさんの、
ゆうせいだおの年齢や中学は?経歴プロフィール!
・ゆうせいだおの所属事務所や会社は?
・ゆうせいだおの収入や年収は?
・ゆうせいだおは入院してた?理由は?
ゆうせいだおに彼女はいる?
についてまとめましたので、是非ご覧ください!

ゆうせいだおの年齢や中学は?経歴プロフィール!

 

この投稿をInstagramで見る

 

イケメンすぎて辛い

ゆうせいだお(@yuseidao)がシェアした投稿 -


本名:中野 悠聖(なかの ゆうせい)
生年月日:2003年10月7日
年齢:17歳(2020年10月現在)
出身:大阪府
出身中学:不明
チャンネル登録者数:約11万8000人


INSTAGRAM:https://www.instagram.com/yuseidao/?hl=ja
TWITTER:https://twitter.com/Yuseidao_nakano
 
ゆうせいさんは中学3年の12月まで、毎日5時間も高校受験の勉強をしていましたが、急に進学の道ではなく、上京して就職することを決めました。
周りと同じように受験勉強をしながらも、好きではない勉強を続けることの違和感と、興味を持ったビジネスに対する想いが強かったためだそうです。


「自分の興味のあることしかできない」タイプだというゆうせいさんですが、やってみたいこと・知りたいことに対して、積極的に行動におこして自分の道を切り開いているように見えます。
実際に中学卒業してすぐの少年が、一社会人として受け入れられることって容易いことではないと思います。
ゆうせいさんは、現在務める会社の社長のツイートに反応して返信したことがきっかけで、その会社で働くことになりました。
特殊な方法のように思いますが、これもゆうせいさんが行動を起こした結果ということですよね。
気になる出身校ですが、詳しい情報は見つかりませんでした。
小学生時代、中学生時代の写真や卒業文集の動画がありました。


本人は髪型について恥ずかしいとコメントしていましたが、とても爽やかでカッコよい容姿ですよね。
普段投稿されている動画の内容や、普段は髪型や服装を整えていないようなのでそちらの印象が強くなってしまっていますが、「実はイケメン!」と動画のコメント欄でも多くコメントが寄せられています。
学生の頃のエピソードとして、
小学生5,6年生の頃の担任の先生が見せてくれたTEDx Talksという世界の影響力のある人たちがスピーチをする番組をきっかけに、「勉強を頑張ろう」と積極的に勉強しだした。
というお話もありました。
 
そして最初に人々の目に触れるきっかけになったTikTokでも、【影響力を持つ人になる】という目標をもとに戦略をたてて動画を投稿していたそうです。


結果、開始から1か月経たずして1万人がフォロワーとなり、人気TikTokerとなりました
興味のあることに対して研究すること、また吸収力と行動力があるゆうせいさんの姿から、年上である大人でもたくさん学ぶことがあるような気がします。

ゆうせいだおの所属事務所や会社は?

ゆうせいさんの所属事務所は【RERAISE株式会社】という、TikTokのマーケティング活動に特化した事務所です。
そしてこちらの事務所の広報兼営業で、会社員としても働いています。
 
先に触れたように、中学生の頃にRERAISE株式会社の社長の
「関東在住で本気で有名になりたい人いますか」
というツイートをみて、当時大阪在住でTikTokのフォロワーがまだ600人ほどのゆうせいさんが
「TikTokで有名になって影響力を持ちたいです。そしてビジネスに展開していきたいです。」
とDMしました。
その後、TikTokのフォロワーが1万人達成したことを知った社長が直々にゆうせいさんに会いに大阪まで行き、インフルエンサーとしてRERAISEに所属することになりました。
そしてその数か月後、社長と仕事に関する打ち合わせをしていた時に、
「ゆうせいくん話すのが上手いし、営業に向いていそうだよね。やってよ。」
と冗談で言った言葉に対して、
「やりたいです!」と本気でお願いをして、会社内で話し合われて、社員として入社することになったそうです。
TikTokを始めたのが2018年9月半ばころ、そして10月8日にフォロワーが1万人を突破しRERAISEに所属、その2ヵ月後の12月に社長に「営業をやりたい!」と伝えたという、なんともスピード感のある目まぐるしい過去ですよね!

ゆうせいだおの収入や年収は?

ゆうせいさんはなんと、YouTubeで得た広告収入を公開しています!
その時の動画がこちらです。


チャンネル登録者数が5万人の時点で、月収が60万円だったとのことでした。
こちらでは自身の収益以外にも、YouTubeの広告単価について詳しく解説されていました。
このように収入に関して、赤裸々に話しているYouTuberは珍しいのではないでしょうか。
自身の会社員としての収入は、「新卒の初任給くらいの月収」と言っていました
大卒初任給は一般的に21万円ほど言われているので、現在チャンネル登録者数が11万人超えのYouTubeの収入も合わせると、月収は100万円以上はあるのではないでしょうか?
そうなると、あくまで予測ですが年収は1000万円を超えてきますよね。

YouTubeで得た収入は自分のためではなく、自身のチャンネルの向上のために使うとも話しています。
17歳ならファッションや交際費などにお金をかける人が多いと思いますが、ゆうせいさんは自分を上手にコントロールできていて、さすがだなと感じました!

ゆうせいだおは入院してた?理由は?

ゆうせいさんは2020年6月に入院をしていたそうです。


入院の理由は明かされておらずとても気になりますが、
・自宅で幻覚を見て暴れてギターと鏡と炊飯器を破壊した
・気を失っていた
・RERAISE社長が救急車を呼んだ(「ドラマのような出来事だった」と社長がツイート)
・入院中はオムツ生活だった
・入院中は補助がないと歩けなかった
など、壮絶な状況だったことがわかりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日無事退院しました ・ ままを無理矢理大阪から呼んだおかげで無事生きれたけど、呼べてなかったら普通に死んでたかもしれへんかったくらいヤバかったらしい 生きれてよかった! ・ 関係者各位の皆さまにはご迷惑おかけし、誠に申し訳ございませんでした🙇‍♂️ ・ 2、3枚目にあるように、救急車で運ばれる直前は幻覚を見て暴れてたらしい。。。ギター壊れてるの悲しい!でも助かったからええか! ・ にしても3週間長かったぁ。。。 まぁでも、いい経験でした! 医療関係に従事されてる方にきちんと敬意を持てる人間になれました!よかった!本当にお世話してくださった看護師の皆さん・先生の皆さんありがとうございました! ・ いつ死んでまうかわからへんけどこれからもよろぴ! 動画もお楽しみに~!^_^

ゆうせいだお(@yuseidao)がシェアした投稿 -


3週間ほどで退院したそうですが、何が原因だったのかとても気になります。
若くして社会人、YouTuberとしてのストレスや苦労もあるかと思うので、健康を第一に過ごしてほしいですね。

ゆうせいだおに彼女はいる?

ゆうせいさんの動画には、「彼女」という気になるワードが含まれた動画が見受けられました。


動画をみてもらえばわかりますが、これはネタでしたね。
ゆうせいさんは現時点で彼女はおらず、今まで付き合った人数は1人だけだそうです。
過去には、交際していた元彼女や、片思いしていた後輩も動画に出演しており、ゆうせいさんの少し恥ずかしい中学時代を暴露していました。

頭もよく、整った容姿から芸能人にも似てるという声も多いゆうせいさんですが、恋愛に関しては不器用のようです。
ゆうせいさんの芸風的には彼女がいないほうが面白そうですが、いつか彼女ができたときは動画で紹介してほしいですね!

まとめ

【ゆうせいだお】というチャンネル名は、検索した際に他の「ゆうせい」と名前が付く人に埋もれないよう差別化を図ったSEO対策だそうです。
一見、適当に考えられたチャンネル名かと思いきや、しっかりとした考えのもと付けられた名前でした。
そして普段投稿している動画もおもしろおかしい内容のものが多いですが、こちらも「不平等で苦しむ人を減らす」という自分の夢を叶えるために、人々に自分を知ってもらう目的のためだそうです。


普段の投稿とは一変した、真面目なお話しをしているサブチャンネルもあります。

 

不平等なことで苦しむ人を減らしたいので思想とユーモアを発信しています
思想が変化すれば、現実も変化する」(instagramより)

ゆうせいさんは目先のことだけを考えずに、遠く先にあるものを見据えて、確実に前に進んでいるように思います。
現時点でも、あの人気YouTuberはじめしゃちょーさんから「才能感じる」とDMがあったそうです。


近い将来、もっとたくさんの人に知られて、更に注目される人物になるのではないでしょうか。
 
ゆうせいさんのこれからの活躍が、本当に楽しみです!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!
 

おすすめの記事