米津玄師さんの最新シングル「Pale Blue」に収録曲されている「死神」のMVが、2021年6月24日に公開されて話題になっていますね。

古典落語の演目「死神」をモチーフに制作された曲で、落語の寄席が舞台!

 

 

 

再生数が公開して2時48分で100万再生を突破して物凄いことになっています!

 

米津玄師さんが落語の噺家や観客を全役挑戦された作品なんですよ!

落語とJPOPとが見事に融合して、魅了されてしまった人も多いですよね。

 

ところで、このMVのロケ地気になりませんか?私はすごく気になりました!

そこで今回この記事では、「米津玄師MV「死神」落語舞台のロケ地はどこ?撮影場所やアジャラカモクレンの意味も調べた」と題してまとめていきます。

 

米津玄師MV「死神」落語舞台のロケ地はどこ?撮影場所やアジャラカモクレンの意味も調べた

米津玄師MV「死神」落語舞台のロケ地はどこ?

米津玄師さんのMV「死神」のロケ地は、ずばり新宿末廣亭です。

落語家・柳亭左龍さんのツイートで、深夜に末広亭で撮影されたことがわかりました。

 

 

噺家の演技指導は柳亭左龍さんが担当されました。

柳亭左龍さんはこの方でさらりと粋な脱ぎ方をされます!

 

落語家さんの指導で、米津玄師さんの羽織の脱ぎ方が自然すぎます!

そのまま落語してくれそうな雰囲気で貫禄もあってむちゃくちゃカッコいいです。

さすがのこだわりできっちり作り込んできましたね!似合いすぎです。

 


 

米津玄師MV「死神」の歌詞のアジャラカモクレン テケレッツのパーの意味は?

この曲に出てくる「アジャラカモクレン テケレッツのパー」歌詞面白いですよね。

心地いい響きで、なんだか耳に残って口ずさんでしまいます。

 

気になる人も多いと思いちょっと調べてみたら、これは古典落語の「死神」に出てくるおまじない!

落語好きなら有名な死神を追い払う『呪文』です。

この呪文は「アジャラカモクレン、○○○、テケレッツのパー」というもので、「○○○」の部分には演者によって違います。

 

米津玄師さんはこの言葉の響きに気に入って、音楽にしたら面白いんじゃないかという発想で曲にしたそうですよ。

見事にハマりましたね。

このフレーズを曲にした米津玄師の才能に驚きです!

 

 

そして新宿末廣亭の舞台の高座に掲げてある額の文字も気になった人もいてるんじゃないでしょうか?

 

額には「和気満堂」と書いていて、「和気堂に満ちて」って読みます。

この部屋に、和やかな楽しい雰囲気が満ちていますって意味です。

 

 

米津玄師MV「死神」落語舞台の場所と地図は?

新宿末廣亭の場所や地図は以下の通りです。

この投稿をInstagramで見る

 

ともまり(@m9a2r3i)がシェアした投稿

住所 〒160-0022 新宿区新宿3-6-12
TEL 03-3351-2974
最寄り駅 新宿三丁目駅 / 新宿駅 / 新宿御苑前駅
定休日 なし
営業時間 【昼の部】 12:00~16:30
【夜の部】 17:00~21:00
ホームページ 新宿 末広亭

 

 

おすすめの記事