TVアニメ呪術廻戦のエンディング曲「LOST IN PARADISE feat.AKLO」でも知られる7人組音楽バンド「ALI」のドラム白井カディオことkahadioが不祥事で警視庁に逮捕されていたことが判明。

 

ニュースが出た当初、不祥事内容については触れられていませんでしたが、逮捕理由が徐々に明らかにされてきたので内容を調査してまとめてみました。

ALIのドラム、白井カディオの不祥事、逮捕理由は特殊詐欺?

7人組音楽バンド「ALI」のドラムを務める白井カディオ容疑者は、「還付金詐欺」で騙し取られた都内男性の現金数十万円をATMで引き出した疑いで警視庁に逮捕されました。

 

捜査関係者の証言では、白井カディオ容疑者は3月に、保険金や年金などの還付金が受け取れると被害者をATMに誘導し指定の口座に振り込みをさせる、いわゆる「還付金詐欺」で騙し取られたお金をATMで引き出す「出し子」として関わった疑い。

 

窃盗及び電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されています。

 

電子計算機使用詐欺とは簡単に説明すると、人の事務処理に使用する電子計算機(コンピューター)に虚偽・不正の指令や情報を与えて不正に利益を得る行為で、10年以下の懲役にあたる犯罪です。

 

この件に関しては警視庁はまだ認否を明らかにしていませんが、時間の問題だと思います。

 

ALIの所属事務所であるAlienibtミュージックレーベルズはALIの公式サイトで以下の謝罪を発表しています。

この度、弊社所属アーティストであるALIのドラムス担当Kahadio(本名・白井カディオ)が不祥事案で逮捕されました。

ファンの皆様、関係各所の皆様へ多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

今後捜査の進捗を見守りつつ、ご迷惑をお掛けしております関係各位の皆様へ誠実なご対応をさせていただくと共に、本人の処遇につきまして厳正に対処させていただく所存であります。

引用:https://alienlibertyinternational.com/

 

また、ツイッターなどのSNSでは白井カディオ容疑者のアカウントは鍵垢になっており、過去のツイートなどは見ることが出来ないようです。

 

9日から放送が決まっていたTVアニメ「すばらしきこのせかい」のOP曲「TEENAGE CITY RIOT」も他の楽曲に差し替えが決まり、ファンや他のメンバーにとっても予期せぬ事件となりました。

 

今後、事件の詳細が分かり次第また改めて追記させて頂きます。

TVアニメ「すばらしきこのせかい」のOP曲は何に代わる?

4月9日(金)深夜1時25分よりMBS/TBS系全国28局ネットで放送が決まっているTVアニメ「すばらしきこのせかい」のオープンニング曲はALIの「TEENAGE CITY RIOT」が流れる予定でしたが、別の楽曲に差し替えが決定しました。

 

ただ、差し替えについては次の楽曲がまだ発表されておらず、準備するための期間が一日しかない為、第一回目放送の「すばらしきこのせかい」のオープニングは楽曲差し替えではなく、単純にカットとなる可能性も考えられます。

 

次のOP曲が分かり次第こちらでも記載させて頂きます。

 

すばらしきこのせかいの公式サイトでも以下のように発表されています。

この度、OPテーマ曲に決定をしておりましたALIに関しまして、所属事務所Alienibtミュージックレーベルズからの発表を受けまして、製作委員会にて協議の結果、OPテーマ曲を別の楽曲に変更させていただくことになりました。

引用:https://subarashiki-anime.jp/news/551

 

今回の「TEENAGE CITY RIOT」はゲストラッパーにCreepy NutsのR-指定を迎えたコラボ楽曲だっただけにとても残念です。

おすすめの記事