東京オリンピックの競技から目が離せませんね!
7月30日(金)からは待ちに待った陸上競技が始まりました!

 

その中でも、8月5日(木)の女子走り高跳びに出場するROC(ロシアオリンピック委員会)マリア・ラシツケネ選手が美人で話題になっています

 

世界陸上で北京(2015)、ロンドン(2017)、ドーハ(2019)と3連覇を達成している、走り高跳びではトップレベルの選手です。

 

この記事では

  • マリア・ラシツケネ選手の美人でかわいい素顔・画像は?
  • マリア・ラシツケネ選手のwiki風プロフィール(年齢や身長)、結婚して子供がいるの?
  • マリア・ラシツケネ選手の経歴や大会の成績は?

についてまとめました!

 

日本代表選手は走り高跳びに出場する選手がいないので、マリア・ラシツケネ選手との直接対決は残念ながら見ることはできませんが、マリア・ラシツケネ選手について詳しく知りたい方はぜひ続きをご覧ください(^^)/

 

▼(2019年世界陸上)華麗に舞うマリア・ラシツケネ選手です。

     

    マリア・ラシツケネ選手の美人でかわいい素顔・画像は?

     

    「ルックスも跳躍も美しい」と評判のマリア・ラシツケネ選手!

    世界陸上の時もかなり話題になっていたようです。こちらは2019年の世界陸上で金メダルを獲得した時のツイートです。

     

     

    入念なるストレッチ姿からも美女オーラが漂っています!

    (女優の菜々緒さんみたいな雰囲気ですね)

     

     

    オフの日のマリア・ラシツケネ選手はカジュアルな感じですね。

    それにしてもモデルさんみたいで絵になります!

     

    マリア・ラシツケネ選手のwiki風プロフィール(年齢や身長)、結婚して子供がいるの?

    プロフィール

    • 名前:マリア・ラシツケネ(マリア・アレクサンドローヴナ・ラシツケネ)
    • ロシア語:Мария Александровна Ласицкене
    • 英語:Mariya Aleksandrovna Lasitskene
    • 旧姓:クチナ(マリア・クチナ)
    • 生年月日:1993年1月14日生まれ
    • 年齢:28歳
    • 出身国:出身地:ロシア連邦 カバルダ・バルカル共和国 プロフラードヌイ(プロフラドニ)
    • 居住地:ロシア連邦 カバルダ・バルカル共和国 プロフラードヌイ(プロフラドニ)
    • 種目:陸上競技 女子走り高跳び
    • 身長・体重:180センチ 57キロ
    • 自己ベスト:2m06

    ※2021年7月現在

     

    ▼マリア・ラシツケネ選手の出身地はロシア連邦 カバルダ・バルカル共和国 プロフラードヌイ(プロフラドニ)。ロシア連邦の南西の端っこに位置します。黒海とカスピ海に挟まれている辺り。カバルダ人とバルカル人という民族が居住し、ほとんどが親戚関係だそうです。伝統を大切にしながらも経済的成長を遂げている国とのことです。

     

    結婚して子供がいるの?

     

    マリア・ラシツケネ選手のインスタに結婚式の写真がアップされていて、ご結婚されていることが分かります!

     

    結婚と旦那様情報
    • 結婚:2017年3月17日
    • 旦那様
      ・名前:ヴラダス・ラシツカス(Владас Ласицкас)
      ・生年月日:1981年7月28日
      ・年齢:40歳
      ・出身:リトアニア
      ・職業:ロシアのスポーツジャーナリスト、コメンテーター

    ※マリア・ラシツケネ選手と姓が異なるのはロシア特有の習慣で「夫の姓の語尾にNとかENを付ける」ので夫の姓と微妙に異なることになるんですって。

    旦那様が、マリア・ラシツケネ選手(旧姓:マリア・クチナ選手)に猛烈にアタックをして、12歳年の差でありながらゴールインしたんだとか!旦那様とラブラブな感じのインスタがアップされています!

     

    ちなみにお子さんについての写真や情報はありませんでしたので、まだいらっしゃらないのだと思われます。

     

    マリア・ラシツケネ選手の経歴や大会の成績は?

    経歴

     

    お父さんはバスケットボール選手、お母さんはバレーボール選手というアスリートの家庭に生まれたマリア・ラシツケネ選手。

    9歳の頃から陸上競技を始めました。

     

    2009年、16歳の時に世界ユース選手権で185センチを跳び銀メダルを獲得し国際大会での初めてのメダルを獲得しました。

    翌2010年にはユースオリンピックで金メダルを獲得し一躍有名になりました。

    17歳からはアカデミーでアスリートとしての教育も受け、その後は主要な国際大会ではほぼ全てでメダルを獲得しています。

     

    2015年にロシアで組織的ドーピング問題が発覚。ロシア人として国際大会への出場ができなくなりました。

    リオオリンピックでは、スポーツ仲裁裁判所に出場停止の処分の取り消しを訴えていたにもかかわらず訴えが退けられたため、出場することができませんでした。処分が解除されない場合、マリア・ラシツケネ選手をはじめとした有力選手が国籍変更を要請する可能性もあったそうです。

     

    現在は再度個人資格での出場が認められ、「中立選手」という個人資格で大会に出場しています。

    MEMO
    2015年11月、ロシア陸上競技連盟が組織的なドーピングを行っていたことが判明し、2022年12月まで主要国際大会から除外されている為、違反歴や疑惑のないロシアの選手は、「ROC(ロシア・オリンピック委員会)」所属の選手として東京オリンピックに参加しています。金メダル獲得時も、ロシア国歌ではなくチャイコフスキーのピアノ協奏曲が流れています。

     

    大会での成績

    主な成績

    ロシア選手として出場

    • 2009年: 世界ユース選手権  銀メダル  1m85
    • 2010年: ユースオリンピック 金メダル  1m89
    • 2011年: ヨーロッパ室内選手権 9位 1m92
    • 2011年:ヨーロッパジュニア選手権 金メダル 1m95
    • 2012年: 世界ジュニア選手権 銅メダル 1m88
    • 2013年: ユニバーシアード 銀メダル 1m96
    • 2014年: 世界室内選手権 金メダル 2m00
    • 2014年:ヨーロッパ選手権 銀メダル 1m99
    • 2015年: ヨーロッパ室内選手権 金メダル 1m97
    • 2015年:ヨーロッパ国別対抗選手権大会 金メダル 1m99
    • 2015年:世界陸上競技選手権 金メダル 2m01

     

    中立資格で出場

    • 2017年: 世界陸上競技選手権 金メダル 2m03
    • 2018年: 世界室内選手権 金メダル 2m01
    • 2018年: ヨーロッパ選手権 金メダル 2m00
    • 2018年: IAAFコンチネンタルカップ 金メダル 2m00
    • 2019年: 世界陸上競技選手権 1位 2m04

    など

     

    2015年以降、マリア・ラシツケネ選手は国際大会で金メダルを独占している状態です!!

    このことから「絶対女王」とも呼ばれているんだとか

    東京オリンピックでも金メダルの最優良候補ですね!

     

     

    まとめ

     

    美人アスリートのマリア・ラシツケネ選手!!

    東京オリンピックでの華麗なジャンプをテレビで観戦(鑑賞!)したいと思います。

     

    この記事では

    • マリア・ラシツケネ選手の美人でかわいい素顔・画像は?
    • マリア・ラシツケネ選手のwiki風プロフィール(年齢や身長)、結婚して子供がいるの?
    • マリア・ラシツケネ選手の経歴や大会の成績は?

    についてまとめました!

     

    参考にしていただければ幸いです。お読みいただきありがとうございました。

     

    おすすめの記事