「国内初のデジタルバンク」というキャッチコピーのもと、「みんなの銀行」という新しいスタイルの銀行が誕生しました!

国内では、マイナンバーカードの普及を目的に「マイナポイント事業」を展開したこともあって、ここ1~2年で○○ペイといったスマホ決済や電子マネー、クレジットカードが急速に広がりました。

金利も低く、手数料収入に頼らざるを得ない銀行ですが、新しく進化していく時代を迎えました!

この記事では、新しく開業した「みんなの銀行」について

  • 開業日はいつ?
  • ATMの場所はどこ?
  • 手数料や安全性は?

を調べてみました!

銀行へ行く時間を少しでも節約したい!とかコロナに感染しそうで、銀行窓口やATMでの順番待ちは不安!という方の悩みや不安を解消してくれる「みんなの銀行」。気になる方はぜひ続きをご覧ください。

 

→みんなの銀行HPはこちら

みんなの銀行開業日(サービス提供開始)はいつ?

 

銀行業の営業免許を取得 2020年12月22日(火)
銀行システム稼働日 2021年1月4日(月)
サービス提供開始日 2021年5月28日(金)

 

1月に銀行システムを稼働させて、一般の顧客向けにサービスを行うための準備を整え、本日(5月28日)にサービスの提供を開始し、新規口座の開設受付を開始しました。

同時にスマートフォン専用アプリも一般公開されました!

デジタルバンクとネット銀行の違いは?

「国内初のデジタルバンク」というキャッチコピーで誕生した「みんなの銀行」ですが、「デジタルバンクって何?」「今までのネット銀行とどう違うの?」ということについて調べてみました。

「デジタルバンク」の特徴は、「実際の店舗を持たず」、その名の通り「デジタル(アプリ)上で全ての取引を完結」できることです。口座開設からATM入出金、振込など、全サービスがスマートフォン上で完結できる銀行です。

それなら今までの「ネット銀行」と一緒じゃないの?と感じられると思いますが、一番の違いは銀行システム!

「ネット銀行」は実店舗のある銀行などと同じくかなり大がかりなシステムの上に成り立っているので、どうしても「手続」や「新しいサービスを提供」をするのに時間がかかるそうです。しかし、「デジタルバンク(みんなの銀行)」は、1から構築した「次世代バンキングシステム「Zerobank Core Solution」(ZCS)」を利用しているため、デジタル取引に特化でき、余分なシステムを持たないなど、かなりスリム化されているので、口座開設はわずか10分ほどで完了するんだとか!!

 

更に、国内の金融機関としては初めて「Google Cloud Platform」の勘定系システムの上に銀行システムを構築しているので、

  • 変化に柔軟かつ迅速に対応を可能とするアーキテクチャ(構造・構成)
  • 高い性能・可用性を確保できるクラウド基盤

をウリにしています。

とにかくスピーディ・新しいことに柔軟に対応していける銀行が「デジタルバンク」ということなのですね!

金融機関コードと支店コードは?

 

金融機関コード 0043

 

支店名は希望のものを選択できます!

支 店 名 支店コード(支店番号)
 ハーバーブリッジ 002
ブルックリンブリッジ 003
 レインボーブリッジ 004
 ポンヌフ 005
 タワーブリッジ 006
ポンテべッキオ 007
ゴールデンゲートブリッジ 008

 

口座開設の方法は?

 

「みんなの銀行」のスマートフォン専用アプリから口座開設が可能です。

iPhoneの方(App Store) (iOS 13.0〜

androidの方(Google Play) (Android 8.0〜

※( )内は対応OSです。

アプリ内で口座開設が完了するので、書類の郵送などの手続きは一切不要です。

 

  1. アプリをダウンロード
  2. アプリ上でお客様情報の入力(動画での認証あり)
  3. 本人確認完了後、パスワードの設定
  4. 口座開設完了

という流れになっています。

 

・運転免許証・パスポート・マイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カード ※写真付き・官公庁から発行された書類

 

口座開設できる方は、個人、15歳以上、日本国籍、国内居住者に限ります。

ATMの場所はどこ?

 

実店舗を持たない「みんなの銀行」。それでは「どのようにサービスを利用するのか?」とか「ATMはどこにあるのか?」が気になりますよね。

 

実は・・・「みんなの銀行」専用のATMはありません!

全国のセブンイレブン等に設置してある「セブン銀行」のATMで現金の出金や入金が可能です!

 

今まで、銀行口座を作ったら自動的に発行されるものと思っていたキャッシュカードは発行されませんので、スマホのアプリでQRコードを表示してセブン銀行のATMで読み込ませることで取引できるようになっています。

 

手数料や安全性は?

ATM手数料は?

 

みんなの銀行の利用料は下記のとおりです。

オプションで申し込める「プレミアム会員」になれば、手数料はかなり優遇されますね!

1年間は無料でサービスを利用できるそうですので、1年間はサービスを使い倒すことも可能です!!

無料期間終了後は、ATMの利用頻度に応じて継続かどうかを決めればいいかもですね。

ATM入金は無料ですので、現金を引き出しにくい「貯金用の口座」として使うのもありかも知れません。

 

プレミアム会員以外の方 プレミアム会員今なら1年間無料
サービス利用料 0円 月額600円
他行振込手数料 200円/回 月10回まで無料
その後は200円/回
ATM出金手数料 110円/回 月15回まで無料
その後は110円/回 ※1
デビットカードキャッシュバック率 0.2% 1.0%
レコード一括更新 × ※2
カバー × ※3

 

安全性は?

セキュリティ対策は?

スマホで全ての取引を行う「みんなの銀行」。新しいサービス、新しい銀行ということで安全性も気になりますね。

セキュリティについて調べてみました。

「みんなの銀行」では、お客様に登録いただいたログインID、パスワード(生体認証)、およびご登録のスマートフォン端末固有の情報を用いて認証します。

生体認証が必要なので、スマホが確実に自分の手元にあれば大丈夫そうですね。

 

でも、スマホが盗難にあったり、紛失したらどうすればいいのでしょうか?

そんな場合は、緊急に「みんなの銀行アプリ」を利用停止してくれる窓口が開設されています。

◆喪失届受付センター(24時間受付) 0120-123-352
 ※スマートフォン紛失・盗難以外のお問合せは、承ることはできませんので、ご了承ください。 

 

その他、HPにもセキュリティについての記載があります。

→不正・セキュリティ対策のよくあるお問合せはこちら

不正利用などのトラブルは『みんなの銀行 リスクマネジメントグループ:0120-780-065 (受付時間:平日9時~17時)』で対応。

 

まとめ

今後、実店舗を持つ銀行も含めて銀行の利用形態や提供サービスも、どんどん変わっていくことが予想されます。メガバンクでも、口座維持手数料を検討していたり、通帳発行に費用が必要だったり、ATM手数料を値上げしたり・・・刻々と状況は変化しています。

これからは、「自分にとって一番必要かつ便利な銀行がどこなのか?」を考えていかなければいけないですね!

この記事では、新しく開業した「みんなの銀行」について

  • 開業日はいつ?
  • ATMの場所はどこ?
  • 手数料や安全性は?

を調べてみました!参考にしていただければ幸いです。お読みいただきありがとうございました。

 

おすすめの記事