みなさま、こんにちは!

いよいよ3月19日(金)から、「第93回全国センバツ高等学校野球大会」3月31日(水)まで行われます。

2020年の第92回のセンバツは、新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいましたよね。頑張ってきた高校生たちはきっと、悔し涙を流したことでしょう。

そんな高校球児たちはやっと試合ができるとワクワクしてるに違いありません。そして、ここから将来プロの道に進む子たちも出てくることでしょう。一層注目度もあがりますよね!

そこで、ここでは、群馬の健大高崎の、群馬の健大高崎の、打撃センスが光る健大高崎の打撃の切り込み隊長、「堀江晃生」選手にスポットをあてて

  • プロフィール
  • 出身中学や少年野球チームなどの経歴や大会成績
  • ポジションや打率、ドラフトの可能性

などについて、まとめてみました。

【健大高崎関連記事】

 

*堀江晃生のプロフィールは?*

ここでは、堀江晃生選手のプロフィールを簡単にご紹介しますね!

健大高崎堀江晃生選手

出典:健大高崎 堀江晃生|Timely WEB

  • 名前 堀江 晃生 (ほりえ こうき)
  • 身長 172センチ
  • 体重 76キロ
  • 出身 群馬県前橋市

 

堀江晃生選手は群馬県前橋市の出身で、これから高校3年生になる17歳です。

身長172㎝で体重76㎏という、少々小柄な体格です。

小学校時代は、「リトル勝山」というチームで小学4年生から野球をはじめました。

今大会から夏の大会、その後のドラフトに至るまで、目が離せない存在です。

*堀江晃生の出身中学や少年野球チームなどの経歴・大会成績は?*

ここでは、堀江晃生選手の出身中学、所属少年野球チームなどの経歴や大会成績もご紹介します。

出身中学などの経歴は?

  • リトル勝山 2013年~2015年 (小学生時代)
  • 出身中学校 ⇒ 前橋市立第六中学校
  • 前橋ボーイズ  2016年~2018年 (中学生時代)
  • 健大高崎高校 2019年~2021年

前橋ボーイズでの活躍

前橋ボーイズでの堀江晃生選手は、中学3年のころに、チームの中心的存在となっていました!

また、チームは関東大会にまで出場しました!

全国大会までは出場できなかったものの、中学時代から打撃センスには光るものがある選手でした。

前橋ボーイズでは、同じ健大高崎「桑原大和」選手が1年後輩でした。

前橋ボーイズでの大会成績

  • 中学2年生 ボーイズ春季全国大会群馬県支部予選2017年(1回戦まで)
  • 中学3年生 関東ボーイズリーグ大会2018年(1回戦まで)、ボーイズ選手権群馬県支部予選(準々決勝戦まで)

 

健大高崎での大会成績

  • 高校1年生 明治神宮野球大会2019年(準優勝)
  • 高校2年生 群馬県高校野球秋季大会2020年(優勝)、高校野球関東大会秋季2020年(優勝)

 

*堀江晃生のポジションや打率、ドラフトの可能性は?*

    堀江晃生選手の健大高崎に入学してからのポジションは、

    • 外野手

    です。

    また、堀江晃生選手の打撃の特徴として

    • 投手へのプレッシャーが大きい核弾頭
    • ホームランも打てるパンチ力
    • 積極的に盗塁を狙える俊足

    などがあげられます。

     

    ◆ 投手へのプレッシャーが大きい核弾頭

    堀江晃生選手の打撃の特徴のひとつが、バットの軌跡です。

    投手の投げたボールのラインにバットの軌道を入れるため、少しボールの下を捉えるように振りだしていき、さらに、大きく体に巻き付くようなフォームで打球を飛ばしていく思い切りの良いスイングが魅力的ですね!

    身長が172㎝と小さ目ですが、投手にかけるプレッシャーの大きい選手ですね!

    堀江晃生選手のバッティングには評判もあがっていますし、2年生時点ですでに本塁打も10本以上あり、ドラフトに名を連ねる可能性が高い強打者だと言われていましたね。

     

    ◆ ホームランも打てるパンチ力

    堀江晃生選手には、172cmと背は低いが高校通算17本塁打の打撃に確実性もあり、チームでは1番バッターとしてパンチ力を見せています。

    2020年秋季、大会連覇となった関東大会決勝戦、常総学院との試合では2本のホームランを放ち、優勝に大きく貢献したことで一気に注目度が高まりました。

    ◆ 積極的に盗塁を狙える俊足

    俊足で積極的に走り盗塁も決められる万能選手の堀江晃生選手。

    バッティングに注目が集まりやすいですが、堀江選手の身体能力の高さがにも目を奪われます。

    強打者の集まり健大高崎の中でも1,2を争う俊足で1番バッター。得点に繋がるプレイに期待できますね!

     

    ◆ ドラフトの可能性

    2020年の秋は健大打線で注目され、関東大会の2連覇にも多大なる貢献をしてきた堀江晃生選手。

    投手へのプレッシャーの大きさやホームランにしてしまうパンチ力、高い身体能力までも兼ね備えているので、これからの活躍が楽しみな選手の一人です。

    ドラフト期待の強打者揃いの打線でも注目度が高いバッターですので、もちろん、ドラフトのお声がかかる可能性大だと思いますよ!

    甲子園での活躍を期待しています。

    *センバツ高校野球関連記事まとめ*

    【大会関連】

     

    【福岡大大濠】

    【聖カタリナ】

    【大阪桐蔭】

    【天理】

    【市立和歌山】

    【広島新庄】

    【明徳義塾】

    【中京大中京】

    【東播磨】

    【第93回選抜高等学校野球大会 応援イメージキャラクター】

    *まとめ*

    この記事では、群馬の健大高崎の堀江晃生選手のプロフィールや出身中学、所属チームやドラフトの可能性などについて、ご紹介しました!

    まとめると・・

    • 出身は群馬県前橋市。中学時代は前橋ボーイズに所属。
    • 右投左打。健大では外野手
    • 投手へのプレッシャー、パンチ力、高い身体能力(俊足)を持っている、
    • ドラフトでお声がかかる可能性大!

    ということですね!

    生まれ持ってきた身体能力もあれば、あとから培った能力もあるので、努力家なのかもしれないし、センスもあると思います。

    群馬の地元から、地元の野球の有名校に入れたからには、自身の持っている能力を十分に発揮して、高校卒業後も活躍して欲しいですね!

    まずは、甲子園での活躍を期待しています!

    おすすめの記事