みなさま、こんにちは!

いよいよ3月19日(金)から、「第93回全国センバツ高等学校野球大会」3月31日(水)まで行われます。

2020年の第92回のセンバツは、新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいましたよね。頑張ってきた高校生たちはきっと、悔し涙を流したことでしょう。

そんな高校球児たちはやっと試合ができるとワクワクしてるに違いありません。そして、ここから将来プロの道に進む子たちも出てくることでしょう。一層注目度もあがりますよね!

そこで、ここでは、群馬の健大高崎の、中学時代から「関西ナンバーワンスラッガー」と呼ばれた「森川倫太郎」選手にスポットをあてて

  • プロフィール
  • 出身中学や少年野球チームなどの経歴や大会成績
  • 打率、ドラフトの可能性

などについて、まとめてみました。

【健大高崎関連記事】

*森川倫太郎のプロフィールは?*

ここでは、森川倫太郎選手のプロフィールを簡単にご紹介しますね!

健大高崎 森川倫太郎

出典:健大高崎 森川倫太郎|高校野球ドットコム

  • 名前 森川 倫太郎 (もりかわ りんたろう)
  • 身長 186センチ
  • 体重 88キロ
  • 出身 京都府

森川倫太郎選手は京都府の出身で、これから高校3年生になる17歳です。

身長186㎝で体重88㎏という、大人顔負けの大柄でガッチリとした体格です。

小学校は、亀岡市立保津小学校の出身で、小学生時代から「篠少年野球クラブ」で野球をはじめました。

今大会から夏の大会、その後のドラフトに至るまで、目が離せない存在です。

*森川倫太郎の出身中学や少年野球チームなどの経歴・大会成績は?*

ここでは、森川倫太郎選手の出身中学、所属少年野球チームなどの経歴や大会成績もご紹介します。

出身中学などの経歴は?

  • 篠少年野球クラブ 2011年~2015年 (小学生時代)
  • 出身中学校 ⇒ 亀岡中学校
  • 京都東山ボーイズ  2016年~2018年 (中学生時代)
  • 健大高崎高校 2019年~2021年

京都東山ボーイズは、2018年ドラフト1位の上茶谷大河投手(DeNA)も中学時代プレーしていたチームです。

中学時代の森川選手は、早くから注目をされていて、京都選抜関西選抜に選出され、国際大会出場を経験されています。

また、一方では、森川選手は中学生時代に2度、テレビ朝日系列の『ビートたけしのスポーツ大将という番組に出演されています。

1回目は2018年6月3日、中学生最強スラッガーの一人として、レジェンド投手の黒木知宏さん(元・ロッテ)と対戦し、強烈なライト前ヒットを打ちました。

2回目は2018年9月16日に放送された番組内の「ネクスト甲子園球児SP」と言う企画で、桑田真澄さんと谷繁元信さんの超レジェンドバッテリーと対戦。
この時も、見事なタイムリーツーベースを放っています。

186センチ88キロの恵まれた体格をもちながらも、ただ力任せでなく、冷静な観察眼を持っているところも、普通の中学生とは違った、森川選手の魅力の一つですね。
このような観察眼は、将来、楽しみな選手となりそうですね!

京都東山ボーイズでの活躍

京都東山ボーイズでの森川倫太郎選手は、右投げ左打ちの強打者でした。

中学3年生の時に、「京都選抜」や「鶴岡一人記念大会関西選抜」なども経験しています。

京都東山ボーイズでは、ドラフト注目の智弁和歌山「細川凌平」選手チームメイトでした。

京都東山ボーイズでの大会成績

  • 中学1年生 ボーイズ選手権大会2016年(3回戦まで)
  • 中学2年生 ジャイアンツカップ京滋代表決定戦2017年(1回戦まで)
  • 中学3年生 ボーイズ春季全国大会京都府支部予選2018年(1回戦まで)

 

健大高崎での大会成績

  • 高校1年生 明治神宮野球大会2019年(準優勝)
  • 高校2年生 群馬県高校野球秋季大会2020年(優勝)、高校野球関東大会秋季2020年(優勝)

*森川倫太郎の打率、ドラフトの可能性は?*

森川倫太郎選手は、高校通算23本の本塁打を打っています。これはチーム内でも1、2を争そう本数です。

打率は0.500でした。強打者ですね!

そして、森川倫太郎選手の持ち味や魅力として

  • 長打力
  • プロ選手なみの体格

などがあげられます。

◆ 長打力によるホームラン

森川倫太郎選手の打撃で注目したいのが、長打力のバッティングです。ホームランになる可能性が高い長打力はピカイチです!

京都東山ボーイズ時代には、練習試合の1試合で4本のホームランを打ったこともあり、飛距離に関してはものすごいものを持っていますね!

2019年秋の大会では、小澤周平選手が4番を打っていましたが、今年のセンバツでは、森川選手も4番に絡んでくるのではないでしょうか。面白い年になりそうですね。

森川倫太郎選手のバッティングには長打力のすごさの評判で、2年生時点ですでにドラフトに名を連ねる可能性が高い強打者のひとりだと言われていましたね。

 

◆ プロ並みの恵まれた体格

森川倫太郎選手は、186センチ88キロというプロ野球選手並みの恵まれた体格も魅力のひとつですね!

恵まれた体格からは、段違いのスケールの大きさが感じられ、普通の高校球児よりもさらに威圧感のある存在なので、バッターボックスに立ったときからものすごい威圧感を相手ピッチャーに与えると思いますね!

活躍が期待されますね!

 

◆ ドラフトの可能性

中学時代から長打力によるホームランを1試合で4本も打ったり、プロ並みの体格で相手を翻弄してきた森川倫太郎選手。

ホームランにしてしまう長打力、恵まれたプロ並みの体格までも兼ね備えているので、これからの活躍が楽しみな選手です。

ドラフト期待の強打者の中でも1、2を争うバッターですので、最注目されることが予想できます!

もちろん、ドラフトのお声がかかる可能性大だと思いますよ!

甲子園での活躍を期待しています。

*センバツ高校野球関連記事まとめ*

【大会関連】

 

【福岡大大濠】

【聖カタリナ】

【大阪桐蔭】

【天理】

【市立和歌山】

【広島新庄】

【明徳義塾】

【中京大中京】

【東播磨】

【第93回選抜高等学校野球大会 応援イメージキャラクター】

*まとめ*

この記事では、群馬の健大高崎の森川倫太郎選手のプロフィールや出身中学、所属チームやドラフトの可能性などについて、ご紹介しました!

まとめると・・

  • 出身は京都府。中学時代は京都東山ボーイズに所属。
  • 右投左打。健大では外野手
  • ホームランを何回も打てる長打力、プロ並みの恵まれた体格を持っている、
  • ドラフトでお声がかかる可能性大!

ということですね!

生まれ持ってきた身体能力もあれば、、センスもあると思います。ですが、センスを磨いたり、身体を作っていく努力も大切だと思います。森川選手などはこれからですので、どんどん伸ばせば伸びて行くと思います。

京都から遠い群馬の高校に来て寂しい思いもあったと思いますが、自身の持っている能力を十分に発揮して、高校卒業後も活躍して欲しいですね!

まずは、甲子園での活躍を期待しています!

おすすめの記事