いよいよ3月19日(金)から「第93回選抜高等学校野球大会」が開催されますね!

甲子園球場での熱い戦いが3月31日(水)まで繰り広げられますが、

昨年の第92回大会、そして第102回全国高等学校野球選手権大会までもが

中止となっていただけに、期待が高まります。

また、ここで活躍した選手の中から将来プロ野球のスターとなる選手もたくさんいるわけで、

そんな選手の姿にも注目が集まりますよね。

 

そこで今回は、

「第93回選抜高等学校野球大会」出場校の一つ「鳥取城北」の畑中未来翔選手について、

  • 出身中学校や出身チームなど経歴
  • 身長/体重/家族などプロフィール
  • ドラフトの可能性

を調査していきます。

 

【あわせて読みたい】

 

畑中未来翔(鳥取城北) 名前の読み方/身長/体重/家族などプロフィール

  • 名前:畑中未来翔
  • 読み方:はたなかみくと
  • 生年月日:2003年8月31日
  • 血液型:A型
  • 身長:179㎝
  • 体重:83㎏
  • 出身地:鳥取県
  • 出身小学校(チーム):浜坂小学校(浜坂少年野球クラブ)
  • 出身中学校(チーム):鳥取市立中ノ郷(鳥取ボーイズ)
  • 所属:鳥取城北高校(新3年)
  • ポジション:外野手
  • 投打:右/左
  • 趣味:筋トレ
  • 好きな選手・球団:タティスJr・阪神
  • 将来の夢:自分に合った仕事
  • 好きな食べ物:オムレツ
  • 嫌いな食べ物:なし
  • 好きなタレント:深田恭子
  • ニックネーム:ディグダ

 

鳥取城北高校の畑中未来翔くん、名前の読み方は「みくと」だそう。

さすが平成生まれ、キラキラネームっぽくもありますが「未来に翔る」なんて、

ご両親の願いがこもっている、素敵な名前ですね。

 

畑中未来翔君は、2003年8月31日生れの新高校3年生(17歳)です。

身長179cm/体重83kg 野球選手としては小柄な方なのでしょうか?

ただ高校野球の選手を見てからプロ野球の選手を見ると、数年の違いでもこんなに体格が

変わるのかと思うことが良くありますから、

これからのトレーニング次第でもっと野球選手らしい体格になっていくのでしょうね。

 

家族のことやプライベートに関する情報は、今のところほとんど見当たらなかったのですが、

鳥取城北の野球部は大阪や兵庫を中心に越境入学者、いわゆる「野球留学生」が多く、部員の多くが

寮生活をする中、畑中君は自転車で15分ほどの距離にある自宅から自転車で通学しているとのこと。

 

趣味はスポーツマンらしく?「筋トレ」、将来の夢は「自分に合った仕事」とのことですが、

これはプロ野球の選手ということではないのかしら?

好きなタレント「深田恭子」さんというのは、高校生にしてはだいぶ年上好みですね。笑

あだ名が「ディグダ」というと、あのポケモンのモグラっぽいのですよね。

確かに坊主頭の感じと愛嬌のある雰囲気が似ているかもしれません。

 

もともとドラフト候補として注目されている選手ではありますが、

今回のセンバツでの活躍次第では、愛嬌のある風貌も相まって全国区の注目を集めそうですね!

 

畑中未来翔(鳥取城北)の経歴・ドラフトの可能性は?

経歴/球歴

畑中未来翔君の出身中学は、鳥取市立中ノ郷中学校です。

小学校については確たる情報がありませんでしたが、中の郷中学校に進学する小学校としては、

浜坂小学校と中ノ郷小学校が当たりますので、そのどちらかと思われます。

ただ小学校時代所属していたのは「浜坂少年野球クラブ」であり、そのホームグランドは

浜坂小学校とのことですから、浜坂小学校の出身である方が濃厚です。

 

中学生からは鳥取市のクラウン球場ををホームグランドとする、硬式野球チーム「鳥取ボーイズ」に所属し、

3年生の時にはジャイアンツカップ東中国大会で準優勝、ボーイズリーグ鶴岡一人記念大会の

山陰ブロック代表に選出、また大山エリア国際少年野球大会では唯一のホームラン(スタンドイン)を打ち、

最優秀選手として「ウォーリー与那嶺賞」を受賞するなど、当時から将来が期待される活躍を見せていました。

 

鳥取城北高校に進学すると、1年生にしてベンチ入りしセンバツ2020につながる秋季大会では、

計8試合で打率.375、2本塁打、4盗塁を記録。

2年生の昨年は、センバツ中止に伴い開催された甲子園交流試合に2年生で唯一ベンチ入りし、

3安打を記録していますが、

このベンチ入りには、大会前3年生のほぼ全員が『勝つために畑中が必要』

メンバー入りを後押ししたということで、その期待に十分に応える形となりました。

現在は高い打撃技術に加え外野手として守りも盤石に、キャプテンとしてチームを引っ張っています。

 

ドラフトの可能性は?

鳥取の強豪校、鳥取城北高校野球部で1年生にしてスタメンとして活躍、

昨年の甲子園交流試合に2年生で唯一ベンチ入りするにあたっては、

3年生のほぼ全員に『勝つために畑中が必要』と後押しされたという逸話もある畑中君。

巧みなバットコントロールでヒットを量産し、ホームランを打つパンチ力も兼ね備え、

また俊足でもあるといいますから、ドラフトの可能性はかなり高いと期待されています。

 

畑中未来翔(鳥取城北) まとめ

ここまで、

3月19日(金)から「第93回選抜高等学校野球大会」が開催されるにあたり、

注目の選手の一人である畑中未来翔(鳥取城北) くんについて、

出身小中学校や身長・体重や家族についてなど、経歴プロフィールを調べてきました。

 

畑中未来翔(はたなかみくと)君は、2003年8月31日生れの新高校3年生(17歳)、

身長179cm/体重83kg です。

家族のことやプライベートに関する情報は、今のところほとんど見当たらなかったのですが、

鳥取城北の野球部は大阪や兵庫を中心に越境入学者、いわゆる「野球留学生」が多く、

部員の多くが寮生活をする中、自転車で15分ほどの距離にある自宅から自転車で通学をしているとのこと。

小学校時代から地元の少年野球チーム「浜坂少年野球クラブ」で活躍し、

中学生からは「鳥取ボーイズ」に所属、3年生の時にはジャイアンツカップ東中国大会での準優勝や、

ボーイズリーグ鶴岡一人記念大会の山陰ブロック代表への選出、

また大山エリア国際少年野球大会では唯一のホームラン(スタンドイン)を打ち、最優秀選手として

「ウォーリー与那嶺賞」を受賞するなど、当時から将来が期待される活躍を見せていました。

鳥取城北高校に進学すると1年生にしてベンチ入り、2年生の昨年はセンバツ中止に伴い開催された

甲子園交流試合に2年生で唯一ベンチ入りし、3安打を記録。

このベンチ入りには、大会前3年生のほぼ全員が『勝つために畑中が必要』と

メンバー入りを後押ししたということで、その期待に十分に応える形となりました。

現在は高い打撃技術に加え外野手として守りも盤石に、キャプテンとしてチームを引っ張り、

ドラフトの可能性もかなり高いとみられています。

 

そんな畑中選手、選抜ではどんな打撃を見せてくれるのか?期待が高まりますね!

 

センバツ高校野球関連記事まとめ

福岡大大濠

 聖カタリナ

大阪桐蔭

天理

市立和歌山

おすすめの記事