歌舞伎俳優で「鬼平犯科帳」など時代劇ドラマでもおなじみの中村吉右衛門さんが、

28日の公演後、都内のホテルで倒れ心肺停止の状態で救急搬送されたとの報道がありました。

 

 

現在76歳とご高齢であり、1月にも体調不良で歌舞伎座での公演を休演したといいますし、

過去には病気で手術をしたこともあるそうですから、心配ですね。

 

今回は、中村吉右衛門さんの

  • 今回倒れた病名
  • 体調不良の原因や過去の病気

についてまとめていきます。

中村吉右衛門の病名は?

中村吉右衛門さんが今回ホテルで倒れ心肺停止で病院に運ばれた際の病名については、

今のところ公表されていず不明です。

 

ただ、ホテルのレストランで倒れたとのことですので、かなり急激に具合が悪くなったものと思われますし、

そこから一時は心肺停止にまで至っているとのことですから、やはり心臓系の病気とかなのかな?と疑われますね。

現在療養中とのことなので、一応の危機は脱したものと思われますが、詳細はまた情報が入り次第、追記していきます。

 

 

中村吉右衛門の体調不良の原因・過去の病気

今回心肺停止の状態で救急搬送されたとのことで、容体が心配される歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんですが、

1月にも体調不良で、歌舞伎座の公演を休演しているといいますから、その時、あるいはその前から

体調の悪さは続いていたのかもしれません。

ただ、体調を崩して17日から休演、25日に復帰したときにも、病名は特に発表されることはありませんでした。

 

また、3月上旬に放送された番組のナレーターを務めた際の声の変化を気にされているSNS投稿もありましたので、これが前兆であったのかもしれませんね。

 

過去に何か病気になったことがあるのか?調べてみると、2013年に今年8月にのどのヘルペスを発症を患い入院、

味覚障害も発症し、一時は10キロも体重が減ったということがありましたが、その時も病気の原因は不明で疲れのせいではという診断だったようです。

ただ、その病気が今回も関係しているのか?というと、さすがに8年も経っていますし関係性は薄いように思われますね。

また2019年にも40度の高熱を出して舞台を休んだことがありますし、

一部には「2020年の秋に手術を行っていたと雑誌のインタビューで語っていた」という情報もありますが、

これについては定かではありません。

 

中村吉右衛門さんの病気まとめ

ここまで、

28日の公演後、都内のホテルで体調不良を訴え、心肺停止の状態で救急搬送されたとの報道があった

歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんについて、

  • 今回倒れた病名
  • 現在の体調不良の原因や過去の病気

についてまとめてきました。

 

今回中村吉右衛門さんが倒れた病名については、今のところ公表されておらず不明ですが、

ホテルのレストランで倒れたとのことですので、かなり急激に具合が悪くなったものと思われます。

 

現在療養中であるとのことなので、一応生死の危険は脱したものと思っていいのでしょうが、

1月に体調不良を訴え公演を3日間お休みしていますし、

3月の初めにもナレーションの声に異変を感じていた方もいたくらいですから、油断はできません。

今回はどうぞゆっくり休んで、今後まだまだ活躍していただきたいと思います。

おすすめの記事