2021年に見られる皆既月食は?

 

見られる日は、

皆既月食 2021年5月26日

部分月食 2021年11月19日

です。

 

今回は、

2021年5月26日に見られる皆既月食について紹介します。

  • 皆既月食とは何?
  • 皆既月食が見られる方角は?
  • 皆既月食が見られる時間帯は?
  • 皆既月食、前回や過去・周期は?
  • 皆既月食2022年以降いつみられるのか?

    など紹介します。

    皆既月食とはわかりやすく

    ニュースなどを見ていて、皆既月食が見られるんや、楽しみ!

    でも、皆既月食って何?って聞かれたら説明できる自信がない…。

     

    という事で、

    皆既月食について簡単にわかりやすくまとめてみました。

     

    皆既月食になるには、

    太陽と地球と月が一直線に並び、なおかつ月が満月の時におこる現象です。

     

    どういう現象か?

     

    地球の本影に月の一部または全部が入っている状態。

    一般的には「月食」といいます。

     

    本影は濃い影なので、がはっきりと欠けたように見えます。

    • の一部だけが本影に入り込む現象が「部分
    • の全てが本影に入り込む現象が「皆既食

     

    月の一部が影に入る場合と全部入る場合があるんですね。

    また、月は真っ黒になるのではなく、「赤胴色」と言われる赤黒い色に見えます。

     

    皆既月食

    国立天文台(NAOJ)より

    簡単に言えば、地球の影に月が入るって事。

    今年は、スーパームーンらしいので、天気が気になるところです。

     

    梅雨入りが早かったので晴れるといいな。

    皆既月食が見られる方角は?

    観察に適した方角は、

    月が昇る東から南東です。

     

    日本全国で観察することができますが、

    北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」です。

     

    「月出帯食」とは、月が欠けたままの状態で地平線から昇ってくる現象

     

    地域によっては欠けた月になるんですね。

    皆既月食が見られる時間帯は?

    時間帯は、

     

    18時45分から欠け始めます

    20時09分に皆既食となり

    皆既食は20時28分に終わります。

     

    その後は少しずつかけている部分が小さくなって、

    21時53分に部分食が終わります。

     

    皆既月食

    国立天文台(NAOJ)より

    皆既月食、前回や過去・周期は?

    前回は、2019年07月17日で部分月食でした。

     

    周期はわかりませんでした。が、

    月食は多くの場合は、1年間に2回起こりますが起こらない年もあります。

    3回起こる年もあります。

     

    21世紀の100年間では合計142回(皆既月食85回、部分月食57回)起こっています。

     

    過去10年分

    国立天文台(NAOJ)より

    2010年01月01日 部分月食 日本で見える
    2010年06月26日 部分月食 日本で見える(一部で月出帯食)
    2010年12月21日 皆既月食 日本で見える(大部分で月出帯食)
    2011年06月16日 皆既月食 日本で見える(月入帯食)
    2011年12月10日 皆既月食 日本で見える
    2012年06月04日 部分月食 日本で見える(一部で月出帯食)
    2013年04月26日 部分月食 日本の一部で見える(月入帯食)
    2014年04月15日 皆既月食 日本の一部で部分月食が見える(月出帯食)
    2014年10月08日 皆既月食 日本で見える
    2015年04月04日 皆既月食 日本で見える
    2015年09月28日 皆既月食 日本で見えない
    2017年08月08日 部分月食 日本で見える
    2018年01月31日 皆既月食 日本で見える
    2018年07月28日 皆既月食 日本で見える(月入帯食、一部では部分月食のみ)
    2019年01月21日 皆既月食 日本で見えない
    2019年07月17日 部分月食 日本の一部で見える(月入帯食)

    皆既月食2022年以降いつみられるのか?

    2022年以降はどうなっているのか調べて見ました。

     

    日本で見られないのも載せています。

    国立天文台(NAOJ)より

    2022年05月16日 皆既月食 日本で見えない
    2022年11月08日 皆既月食 日本で見える
    2023年10月29日 部分月食 日本の一部で見える(月入帯食)
    2024年09月18日 部分月食 日本で見えない
    2025年03月14日 皆既月食 日本の一部で部分月食が見える(月出帯食)
    2025年09月08日 皆既月食 日本で見える
    2026年03月03日 皆既月食 日本で見える
    2026年08月28日 部分月食 日本で見えない
    2028年01月12日 部分月食 日本で見えない
    2028年07月07日 部分月食 日本で見える(月入帯食)
    2029年01月01日 皆既月食 日本で見える
    2029年06月26日 皆既月食 日本で見えない
    2029年12月21日 皆既月食 日本で見える(月入帯食)
    2030年06月16日 部分月食 日本で見える(月入帯食)

     

    日本で見られないのも、多いですね。

     

    まとめ

    今回は、

    2021年5月26日に見られる皆既月食について

    • 皆既月食とは何?
    • 皆既月食が見られる方角は?
    • 皆既月食が見られる時間帯は?
    • 皆既月食、前回や過去・周期は?
    • 皆既月食2022年以降いつみられるのか?

    紹介しました。

     

    ちなみに、

    2021年11月19日の部分月食は、北海道、東北以外では月出帯食がみられます。

    おすすめの記事