オリンピックの歴史は、

ギリシャで紀元前776年(古代オリンピック)に行われたのがはじめとされています。

神々のために行われる宗教的な意味を持つ行事だったそうです。

 

 

近代オリンピックは平和の祭典として行われています。

近代オリンピックのような競技大会が行われるようになったのは19世紀後半から。

 

パラリンピックはいつからはじまったのか?

気になったので調べてみました。

 

  • パラリンピックの始まりやきっかけは?
  • パラリンピックの歴史わかりやすく紹介

等々、紹介します。

パラリンピックの始まりやきっかけは?

オリンピックの歴史や始めりは何となく知っている方も多いと思います。

 

古代オリンピックが、ギリシャで始まったことから、

聖火はギリシャのオリンピア遺跡で太陽を利用して採火されます。採火される映像を見た事がある人もおおいのではないでしょうか?

 

 

では、パラリンピックはいつからどんなきっかけから始まったのか?

 

現在のパラリンピックの原点は、第二次世界大戦(1939〜1945年)後です。

 

1944年イギリスで、

負傷した兵士の治療や社会復帰を目的のために、ロンドン郊外にあったストーク・マンデビル病院内に脊髄損傷科を開設します。

 

その施設の初代課長に、ナチスによるユダヤ人排斥運動によりイギリスに亡命した医師、

ルードウィッヒ・グットマン博士が任命されます。

 

 

グットマン博士が、治療にスポーツを取り入れる。

(パンチボール訓練を導入、車いすによるポロやバスケットボール、卓球などを導入)

 

1948年7月29日

ロンドンオリンピックにあわせて

ストーク・マンデビル病院内での車いす患者(英国退役軍人)によるアーチェリー大会を開催。

 

これがパラリンピックの原点。

 

この時参加したのは、16名(男子14名・女子2名)でう。

 


1960年のローマ大会からはオリンピック開催国で、

1988年のソウル大会からはオリンピックの直後に同じ場所で開催されるようになりました。

 

「失われたものを数えるな、残されたものを最大限に活かせ」

ルードウィッヒ・グットマン博士の言葉です。

 

 

パラリンピックと原点は、

戦争で負傷した兵士のための治療・リハビリのためにスポーツをとりいれたことから始まっているんですね。

 

グットマン博士の言葉

「失われたものを数えるな、残されたものを最大限に活かせ」

感慨深い言葉やなとおもいました。

 

パラリンピックの歴史わかりやすく紹介

パラリンピックの歴史を簡単にまとめてみました。

 

紀元前から、

障がいのある人々が身体運動を行なっていたという記録が残っている。

 

19世紀以降に、組織を作り自発的にスポーツ活動をはじめる。

 

1888年

ドイツでは聴覚障がい者のためのスポーツクラブが創設

 

1910年

ドイツ聴覚障害者スポーツ協会が創設

 

1924年に設立された国際ろう者スポーツ連盟が、

同年にパリで開催した第1回国際ろう者スポーツ競技大会(現デフリンピック)が、はじめての国際的な障がい者のスポーツ大会。

 

1948年7月29日

ロンドンオリンピックにあわせて

ストーク・マンデビル病院内での車いす患者(英国退役軍人)によるアーチェリー大会を開催。

毎年開催される。

 

1952年にはオランダの参加を得て国際競技会へと発展

第1回国際ストーク・マンデビル大会(130名が参加)

 

1960年

イギリス、オランダ、ベルギー、イタリア、フランスの5か国により国際ストーク・マンデビル大会委員会が設立

グットマン卿がその初代会長に就任

 

1960年この年に、オリンピックの開催されたローマで国際ストーク・マンデビル大会が開催(23か国・400名が参加)。

このローマ大会は、IPC設立後に第1回パラリンピックと位置づけられています。

 

 

過去にパラリンピックを行われた地域。

パラリンピック夏季競技大会

開催年 開催都市
1 1960 ローマ イタリア
2 1964 東京 日本
3 1968 テルアビブ イスラエル
4 1972 ハイデルベルク 西ドイツ
5 1976 トロント カナダ
6 1980 アーネム オランダ
7 1984 ニューヨーク/ストーク・マンデビルアイルズベリー 米国/英国
8 1988 ソウル 韓国
9 1992 バルセロナ スペイン
10 1996 アトランタ 米国
11 2000 シドニー オーストラリア
12 2004 アテネ ギリシャ
13 2008 北京 中国
14 2012 ロンドン 英国
15 2016 リオデジャネイロ フラジル
16 2020 東京 日本

パラリンピック冬季競技大会

開催年 開催都市
1 1976 エンシェルツヴィーク スウェーデン
2 1980 ヤイロ ノルウェー
3 1984 インスブルック オーストリア
4 1988 インスブルック オーストリア
5 1992 ティーニュ/ アルベールビル フランス
6 1994 リレハンメル ノルウェー
7 1998 長野 日本
8 2002 ソルトレークシティ 米国
9 2006 トリノ イタリア
10 2010 バンクーバー カナダ
11 2014 ソチ ロシア
12 2018 平昌 韓国
13 2022 北京 中国

 

紀元前にはすでに、障がいのある人々が身体運動を行なっていたという記録が残っているのには驚きました。

 

元は、兵士の治療から始まったことなど考えさせられる部分もありましたが、

 

 

世界中に人が心からスポーツを楽しんで観戦できる世の中になってほしいなと思います。

まとめ

今回は、

  • パラリンピックの始まりやきっかけは?
  • パラリンピックの歴史わかりやすく紹介

等々、紹介しました。

 

もとは、治療目的でしたがいまでは凄い国際大会になっているパラリンピック。

 

グットマン博士の言葉

「失われたものを数えるな、残されたものを最大限に活かせ」

この言葉のおかげで悲観せずスポーツに打ち込めたのかなと思いました。

おすすめの記事