8月も後半にさしかかりまだまだ、残暑が残る夏。

 

東京オリンピックも賛否両論はありましたが、無事におわりたくさんの感動もありましたね。

 

次は、パラリンピックの開幕。

 

今回紹介するのは、バドミントンの里美紗理奈選手です。

 

  • 里美紗理奈選手のプロフィールは?
  • 里美紗理奈選手の経歴や成績まとめ

等々紹介したいと思います。

里美紗理奈選手のプロフィールは?

プロフィールを簡単に紹介します。

 

名前 里見紗李奈(読み方:さとみさりな)
生年月日 1998年4月9日
年齢 23歳
出生地 千葉県千葉市
出身地 千葉県八街市
身長 160cm

出身高校 千葉県立千城台高等学校

所属:NTT都市開発
種目:パラバドミントン(WH1クラス)

パラバドミントンのWH1クラスとは?

パラバドミントンには、大きく分けて車いすと立位があります。

障がいによりクラス分けされています。

 

里美紗理奈選手は、車いすにのってプレーをされています。

 

シャトルを打つ瞬間に車いすと胴体の一部が車いすと接していないといけません。

 

 

 

里美紗理奈選手は、車いすにのってプレーをされています。

シャトルを打つ瞬間に車いすと胴体の一部が車いすと接していないといけません。

 

 

 

車いすのシングルスの試合ではコートの半分を使います。

シャトルはネットとネットに近いサービスラインの間に落ちたものはアウトになります。

 

コートの半分を使います。

 

WH1クラスクラスは、車いすで試合をするということなんですね。

 

 

日本障がい者バドミントン連盟のほのホームページより

 

里美紗理奈選手の経歴や成績まとめ

里美紗理奈選手の経歴や成績について紹介。

 

高3だった2016年5月、助手席に乗っていた時に交通事故にあい脊髄を損傷されます。

そして、両下肢に障がいが残ります。

 

バトミントンを始めたきっかけは?

中学生の時にバドミントン部に所属していた事もあり、

 

お父さんのすすめでパラバドミントンの日本代表選手が主宰するクラブで車いすのバドミントンを体験します。

打ち合いが楽しかったことから、最初は趣味として始められました。

 

成績は、

2017年8月のデビュー戦でシングルス3位

2017年年12月の日本選手権でシングルス準優勝

 

2019年のパラバトミントン世界選手権ではシングルスで初優勝

 

2019年

日本選手権 シングルス優勝、女子ダブルス優勝
日本国際大会 シングルス3位、女子ダブルス優勝
世界選手権 シングルス優勝、女子ダブルス3位
アイルランド国際大会 シングルス・ 女子ダブルス優勝
カナダ国際大会 シングルス3位、女子ダブルス優勝
トルコ国際大会 女子ダブルス3位
ドバイ国際大会 女子ダブルス優勝

2020年

日本選手権 シングルス優勝

 

2021年6月現在、シングルス、ダブルス共に世界ランキング1位。

パラリンピックでは、金メダル候補の一人です。

 

事故にあった後9か月入院されていました。

 

娘が事故にあいご両親のショックは、計り知れないものがあったと思います。

娘さんが入院している間に、ご両親は娘さんのために家をバリアフリーにリフォームされました。

 

お父さんのすすめでバドミントンをはじめられて、

里美紗理奈選手の活躍はご両親にとって何よりも嬉しい事なのかなと思います。

 

まとめ

今回は、バドミントンの

  • 里美紗理奈選手のプロフィールは?
  • 里美紗理奈選手の経歴や成績まとめ

等々紹介しました。

 

おすすめの記事