甲子園 高校野球

こんにちは!

高校野球ファンには嬉しい季節がきましたね。

 

今年は無事春の選抜高校野球大会が開催されます。

今回は、智弁学園の山下陽輔選出について紹介します。

 

  • 山下陽輔選手のプロフィールや経歴は?
  • 山下陽輔選手のドラフトの可能性は?

など紹介します。

山下陽輔選手のプロフィールや経歴は?

まず初めに、簡単なプロフィールや経歴を紹介していきますね。

 

名前 山下陽輔 (やました ようすけ)

  • 生年月日
  • 出身地 奈良県奈良市出身
  • ポジション 三塁手
  • 投打 右/右
  • 身長 175cm
  • 体重 85kg
  • 出身中学校 伏見中

 

地元、奈良県の出身なんですね。

生年月日は、わかりませんでしたm(__)m

 

経歴

野球を始めたのが、伏見小1年の時に軟式チームで野球を始める

小学生

  • 西大寺ドリームズ(2013~2015)

 

中学

  • 奈良西リトルシニア(2016~2018)

中学時代は捕手、内野手でした。

 

日本代表

  • 台北AA国際野球大会関西連盟選抜 (2017)
  • MCYSA全米選手権大会日本代表

シニア日本代表で中3夏の全米選手権に選出されています。

 

全国大会成績

  • 中学2年生
    リトルシニア日本選手権大会2017年(2回戦)
  • 高校1年生
    全国高校野球選手権大会2019年(2回戦)

 

智弁学園での活躍は?

3年生になる山下選手の持ち味といえば、勝負強い打撃!

 

1年の秋には背番号5をつけて、ベンチ入りしています。

6番サードで出場した近畿大会 準々決勝・智弁和歌山戦で左3ランを放つ。
智弁和歌山に13-17で勝利

 

続く、準決勝・大阪桐蔭戦では先制の左ソロホームランを打っています。

この時の対戦投手は松浦慶斗投手(当時1年)でした。

試合結果は、5-6で大阪桐蔭の勝利でした。

 

2年の夏の県大会はメンバー外に、

県大会後の選抜交流戦で聖地甲子園デビュー。

試合結果は、中京と接戦になりましたが、延長10回の末に惜しくも3-4で敗戦しました。

 

秋の予選で主将・4番を務める事になり、県大会2位そして近畿大会では大阪桐蔭を破り優勝

 

 

レギュラーを外れた時期もあったようですが、

主将・4番を務めるだけあって実力もチームをまとめる力もあるそんな選手なのかなと思います。

 

 

年度別の山下選手の成績です。

年度 試合 打率 打数 安打 打点 盗塁 大会
2019年 3 0.455 11 5 1 5 0 高校野球近畿大会秋季2019年
2020年 1 0.500 2 1 0 0 0 甲子園高校野球交流試合2020年
2020年 2 0 0 0 0 0 奈良県高校野球秋季大会2020年
2020年 4 0.667 15 10 0 6 0 高校野球近畿大会秋季2020年

 

守りでは、安定した送球で一塁アウトに仕留め、打撃では粘り強さ

そして、力強く振り切るスイングから強い打球を放つ!

 

甲子園でのホームランを見たい!

と、思っているファンの方も多いのではないでしょうか。

 

山下陽輔選手のドラフトの可能性は?

プロ野球ファンの方ならひいきのチームにいい選手が入団して欲しいと思っている一人ですが、

山下選手のドラフトの可能は?

 

こちらの、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価

というサイトでは今の所評価はC+

 

現時点では、評価は高くありません。

 

昨年の秋の近畿大会での活躍で、ドラフトの可能性も見えてきたといったところと思われます。

 

春の選抜高校野球大会での活躍、そして夏の甲子園までの活躍次第では

評価があがる可能性も高いのではないでしょうか。

 

先ずは、甲子園での活躍をみんなで応援しましょう。

選抜高校野球関連記事

広島新庄

中京大中京

 

専大松戸高校

 

市立和歌山

 

福岡大大濠

 

天理

 

東海大菅生

 

大阪桐蔭

 

健大高崎

まとめ

今回は、山下陽輔選手について紹介しました。

智弁学園の初戦の相手は大阪桐蔭です。

 

2020年の秋季近畿大会では、決勝戦で智弁学園が大阪桐蔭に7対3で勝利しています。

春の選抜高校野球大会では、いきなりの初戦対決どちらが勝つか楽しみな一戦です。

今回は、

  • 山下陽輔選手のプロフィールや経歴は?
  • 山下陽輔選手のドラフトの可能性は?

など紹介しました。

山下陽輔選手の活躍に期待したいです。

 

おすすめの記事