春の選抜高校野球が3月19日(金)から始まります。

北海道代表の北海高校は、秋季北海道大会では準決勝・決勝ともに完封勝利で優勝を決めました。

 

投手成績は選抜出場32チームの中でもナンバーワンとも言われているチームです。

今回は、北海の選抜高校野球2021登録メンバーについて

  • 出身中学・クラブチーム
  • 注目選手
  • 大会成績

をまとめました。

 

 

北海 選抜高校野球2021の登録メンバーの出身中学・クラブチームまとめ

選抜高校野球の登録選手は18名です。北海の登録選手を一覧にしました。

背番号 名前 守備 学年 投打 出身
01 木村大成 投手 3年 左左 北広島市立東部中
02 大津綾也 捕手 3年 右右 せたな町立北檜山中
03 杉林蒼太 内野手 3年 右左 札幌北リトルシニア
04 小原海月 内野手 2年 右左 札幌南リトルシニア
05 尾崎大嘉 内野手 3年 右右 大阪堀江ボーイズ
06 宮下朝陽 内野手 3年 右右 余市リトルシニア
07 林大海 外野手 3年 右右 小樽リトルシニア
08 関虎太朗 外野手 3年 右左 余市リトルシニア
09 江囗聡一郎 外野手 3年 右右 札幌大谷リトルシニア
10 吉野龍生 投手 3年 右右 せたな町立北檜山中
11 立花海空 投手 3年 右右 とかち道東ボーイズ
12 中井侃樹 投手 3年 左左 貝塚リトルシニア
13 成田歩夢 投手 3年 右右 恵庭リトルシニア
14 斉藤真吾 捕手 3年 右右 札幌羊ケ丘リトルシニア
15 中川太陽 内野手 3年 右右 日高リトルシニア(北海道)
16 小山駿人 内野手 3年 右右 札幌東リトルシニア
17 山田堅真 外野手 3年 右右 函館東リトルシニア
18 工藤泰己 外野手 3年 右右 T-TBCクラブ

 

 

 

北海高校の大会成績や試合結果は?

北海高校の最近の試合結果や大会成績をまとめました。

  • 第57回 春季北海道高等学校野球大会 札幌支部予選  Aブロック 優勝
  • 第100回 全国高等学校野球選手権記念大会 南北海道大会 札幌支部予選 Gブロック 優勝
  • 第58回 春季北海道高等学校野球大会 札幌支部予選  Cブロック C準決勝
  • 第101回 全国高等学校野球選手権大会南北海道大会 札幌支部予選  Fブロック F代表決定戦 優勝
  • 令和2年夏季北海道高等学校野球大会 南北海道大会 札幌支部大会  Hブロック 代表決定戦
  • 第73回 秋季北海道高等学校野球大会 決勝

 

北海道は面積が広い分、北海道代表になるまでに地区予選、支部大会、ブロック予選が多くあります。

 

北海道全体では旭川大や駒大苫小牧など強豪校も多数いますが、北海高校は夏の甲子園38回出場・春の選抜13回出場と圧倒的な強さを誇っています。

ですが過去の選抜大会では2011年大会での8強が最後となっています。

 

選抜2021のチームは防御率・失点数ともに出場32チームでナンバーワンの成績、打率・得点も全国トップ10にランクインしており、総合力も高いチームとして優勝候補とも言われています。

全道大会では5試合で無失策・1失点、と守備精度の高いチームです。

 

 

北海の注目選手は?

2試合連続完封のエース 木村大成

 

 

2020年秋季大会では準決勝・決勝の2試合連続で完封勝利を納めています。

同大会での防御率は0.34で、地区予選から数えると72奪三振を記録しており、選抜大会屈指の好投手と注目です。

現在身長180センチ・体重76キロと細身の体型ですが、しっかりと体を作れる好スタイルでドラフト候補にも名前が挙がる選手です。

 

 

 

エースを支える層の厚い投手陣 中井侃樹・吉野龍生・立花海空

 

木村選手以外にも北海には力のある投手陣が控えにずらり。

中井選手は防御率0.75の木村選手に続く好サウスポー。

セットポジションから縦回転のフォームからキレのあるストレート・落差の大きい変化球を駆使し、木村選手とは違った魅力を持つため選抜大会でも活躍が期待されますね。

 

吉野龍生選手はキレのあるボールを投げ込む速球派の右腕です。

持ち味はスムーズなモーションからの鋭い開店に合わせて上から右腕を振り下ろすオーバースローで、ストレートはもちろん、縦に変化するカーブやスライダーを織り交ぜる投球を使いこなす、本格派の投手です。

 

 

立花選手はチーム唯一のサイドスロー投手。

まっすぐとスライダーを組み合わせて、ストライクゾーンを横幅目いっぱいに使える技術を持っています。

この投球術は他の3投手にはない武器で、北海の貴重な存在となっています。

 

 

 

2試合連続決勝HR 江口聡一郎

 

https://twitter.com/hatugenchu/status/1315125343045386242

 

江口選手は全道大会までの9試合で打率.357を記録しており、ラッキーボーイとも呼ばれています。

その理由は、2020年7月に「右胸郭出口症候群」という症状を発症し、上肢のしびれや肩や腕に痛みに苦しみ、手術を受けました。

その後も日に日に握力が低下し、「シャーペンを持つのがやっと」というほどでした。

しかし、その後の驚異の回復力で2020年秋季大会にて準決勝で人生初の本塁打、決勝でも勝負を決める本塁打を決め、優勝の立役者となりました。

 

ラッキーボーイと言われているものの、その活躍の裏には相当なリハビリや練習の積み重ねがあったことでしょう。

執念と忍耐強さからの活躍は今後も期待できそうです。

 

センバツ高校野球関連記事まとめ

広島新庄

福岡大大濠

 聖カタリナ

大阪桐蔭

天理

市立和歌山

中京大中京

専大松戸

東播磨

健大高崎

明徳義塾

神戸国際大附

東海大菅生

柴田

仙台育英

北海

智弁学園

県岐商

八戸西

東海大相模

第93回選抜高等学校野球大会 応援イメージキャラクター

 

まとめ

今回は、北海高校の選抜高校野球2021登録メンバーについて

  • 出身中学・クラブチーム
  • 注目選手
  • 大会成績

をまとめました。

 

守備力・攻撃力ともに全国トップの成績を誇る北海高校は今大会の優勝候補とも言われています。

 

特にエースを含め実力のある投手が4人も揃っており、それぞれが完封・完投できる実力を持っています。

どのような継投・投球が見られるのか楽しみですね。

 

 

おすすめの記事