2021年4月24日阪神競馬場6Rのレースで、返し馬の際に岩田康誠騎手が馬に騎乗中に幅寄せ・暴言などの禁止行為で4日間分のレースの騎乗停止処分を受けました。

 

ニュースをしった競馬ファンからは

「全然変わってない」

「またやると思った」

「息子も騎手なのに情けない」

 

などと大炎上。

 

今回は、岩田康誠騎手の

  • 経歴や息子などプロフィールまとめ
  • 過去に受けた処分やトラブル
  • 世間の反応

 

などをまとめました。

 

競馬の不祥事といえば、先日北海道のばんえい競馬にて騎手が馬の顔を蹴り上げるという事例が発生したばかりです。

 

2020年の緊急事態宣言下においては、給付金の不正受給問題も浮上した競馬界にまた事件です。

 

関連記事

鈴木恵介【ばんえい競馬】経歴や学歴まとめ!過去の逮捕歴や復帰時期は?

 

岩田康誠騎手の経歴や家族構成は?息子もジョッキー?

  • 名前:岩田康誠 いわたやすなり
  • デビュー:1991年
  • 出身:地方競馬教養センター長期騎手課程54期
  • 同期:山田信大 など
  • 受賞歴:NARグランプリ・優秀騎手賞、特別賞 など

 

1991年にデビューした岩田康誠騎手は、中央競馬に移籍するまでは小牧太とともに、園田の2本柱といわれていました。

 

2006年の中央競馬移籍までに、兵庫競馬のリーディングを4度・通算2941勝を挙げているトップジョッキーです。

 

そんな岩田康誠騎手のレーススタイルや特徴は最短距離である内目を突いて伸びてくる剛腕と度胸の強さが挙げられています。

 

これまでにも厳しい騎乗で制裁をうけたこともありますが、それだけ勝負にこだわった騎乗スタイルと言えるでしょう。

 

 

岩田康誠騎手の次男は同じ騎手で、岩田望来騎手です。

 

小さなころから父親の背中を見て育ち、彼もまたそこそこ当たりの強いレーススタイルだと評判です。

 

件のレースでは岩田望来騎手も騎乗していたとのこと。

息子の見ている前でスポーツマンシップを破る行為を行うのは、親としても先輩としても許されたものではないですね。

 

岩田康誠騎手は過去にもトラブル?後藤浩輝騎手の自殺原因やパワハラについても

 

久しぶりに本性が出たか。
後藤騎手の命を奪った事も忘れたのかな。

引用:Yahoo!コメント

 

岩田康誠騎手の、馬による幅寄せや暴言が問題となっていますが、調べてみると過去には他の騎手ともトラブルがあったようです。

 

もっとも衝撃的だったのは、2015年に自殺で亡くなった後藤浩輝騎手のことです。

後藤浩輝騎手はそれまでに2度も落馬し頚椎を骨折などの重傷を負い、怪我とリハビリを繰り返していた最中での自殺でした。

 

後藤騎手は2012年に2度落馬し頸椎骨折などの重傷を負い、復帰後の14年にも落馬で頸椎を骨折。たび重なる首のけがで騎手生命が危ぶまれたこともあった。

引用:産経ニュース【なぜ…後藤騎手が首つり自殺 愛娘を風呂に入れた後、自宅脱衣所で妻が発見】

 

一部ファンからは、後藤浩輝騎手が落馬した原因は岩田康誠騎手にあると言うのです。

 

当時からやはり若い騎手などに対して、高圧的な態度を見せていたと思われます。

 

はっきりとした原因や証拠がないために、岩田康誠騎手は何にも問われませんでしたが後藤浩輝騎手は競馬界でもエンターテイナーとして人気があったために、

自殺の原因は落馬や怪我の原因である岩田康誠騎手のせいでもあるという認識を持った人も少なくありません。

 

元騎手の藤田伸二さんは、自身のブログで名前は出さないにしろ、岩田康誠騎手の騎乗スタイルを徹底的に否定されています。

とにかく原因を作った人間が一番クズなのは確かだろう……

1度目の落馬事故なんか、1度も見舞いにも行ってないと言う…

で奴はG1で勝って馬上でバンザイ………

ホンマにクズや

早よ騎手辞めて良かったわ~。怪我させられる前にな…

と、後藤騎手の命日にこのような内容のブログを投稿されています。

 

藤田元騎手の著書「騎手の一分」でも岩田康誠騎手を非難する内容が含まれているとか。

岩田康誠騎手に対する苦手意識など私情が絡んでくる内容ですが、書かれていることは事実なので賛否両論あるようです。

 

→藤田伸二著 【騎手の一分】 を読む

 

 

また、岩田康誠騎手が4月24日の返し馬の際に幅寄せや暴言を吐いた相手は、28歳の藤懸貴志騎手で完全に後輩。

しかもことの発端は同日阪神2Rで角田大和騎手(19)の斜行による、藤懸騎手と岩田騎手の位置取りだったと言います。

 

自分が位置取りに失敗したので後輩に暴言、幅寄せという行為は先輩から後輩への叱咤でもなんでもなくただの輩…とファンはがっかり。

 

しかも本来の原因は角田大和騎手なので、藤懸騎手はまったく関係のない人物です。

 

角田大和騎手の父は、岩田康誠騎手の先輩でもある、ダービージョッキーの角田晃一調教師だと言うので、

力関係を鑑みて、立場的に藤懸騎手を弱者と判断した上での妨害とも捉えられますね。


典型的ないじめ・パワハラとも取れ、このような行為は以前から目立っていたとのこと。

 


度々こういったトラブルを起こしては数日程度の騎乗停止処分を受ける、ということを繰り返しているので今回の協会の処分の判断の速さは評価されていますが、

 

いくらベテランジョッキーだからと言って数日程度の騎乗停止処分ではもう許されない、というのが競馬ファンの思いでしょう。

 

 

岩田康誠騎手の騎乗スタイルには目を瞑ってしまうというファンもいるほどなので、このまま調子よく復帰する…なんてことも難しそうです。

ただそれでもこれまでに成績を残しているベテランのジョッキーですから、復帰を望む声も少なくはありません。

人間ですから誰しも腹が立つことがあったり、他人とトラブルになってしまうことはあります。

岩田康誠騎手もその都度反省、謝罪もしているようです。

ただ個人的には、同じことを繰り返さない・ルールに則るというのがプロなのではないでしょうか。

 

 

 

世間の反応

 

即日騎乗停止。明日の騎乗予定馬の関係者にも迷惑をかけ、岩田は騎手というより、完全に輩。

引用:Yahoo!コメント

 

 

息子も先週の皐月賞で他馬の進路妨害をしたのもこの親ありだよね。しばらくおとなしくしているのかと思ったら、やはりかつてJCでのジェンティルドンナによるオルフェーヴルへのタックル、安田記念でのロードカナロアでも明らかな斜行してまでの1着を奪いにいくラフプレー。他馬がどうなろうが、後藤騎手をボロボロにしたように他人がどうなろうがいいと思っている岩田は永久騎乗停止でいいです。大嫌いこのジョッキーは

引用:Yahoo!コメント

 

17日間の緊急事態宣言では、何も効果がないのと同じで。
たった14日間の騎乗停止処分で、岩田ジョッキーの
粗暴さは改善されることはないと思います。

引用:Yahoo!コメント

 

 

関連記事

鈴木恵介【ばんえい競馬】経歴や学歴まとめ!過去の逮捕歴や復帰時期は?

 

 

 

 

おすすめの記事