中日ドラゴンズの2軍投手コーチで、2021年5月26日突然の退団届が受理され、中日を対談してしまった門倉健元コーチについて、

 

  • 出身や経歴、コーチとしての評判などwikiプロフィールまとめ
  • 家族構成や人間関係・性格について
  • 中日の後任コーチ候補など

についてまとめました。

 

突然の退団で驚きや心配の声が聞かれますね。

この記事では門倉コーチがどのような人物なのかを中心にまとめていきます。

 

退団の理由や最新情報はこちらをご覧ください。

【関連記事】

 

中日・門倉健2軍コーチの出身や経歴・コーチとしての評判などwikiプロフィールまとめ

  • 名前:門倉健(かどくらけん)
  • 生年月日:1973年7月29日
  • 出身:埼玉県入間市
  • 身長:193cm
  • 体重:90kg
  • ポジション:投手 右投右打
  • プロ初出場:1996年7月26日
  • 現役引退:2008年5月17日
  • 中学:入間市立藤沢中学校
  • 高校:聖望学園高校
  • 甲子園出場:なし
  • 大学:東北福祉大学
  • 同期:荒木雅博・渡辺博幸・益田大介

 

門倉健氏は1995年度のドラフトで中日から2位氏名で入団。

プロ1年目は開幕2軍スタートで同年7月に1軍に昇格します。

 

中日→近鉄→横浜→巨人→シカゴ・カブス→韓国→伊達聖ヶ丘病院硬式野球部(北海道クラブチーム)→引退

 

入団から現役引退までこのような経歴を積んでいます。

 

特に、横浜から巨人へ移る際はメジャーからもオファーがあったにも関わらず、熱意に負け巨人へ入団。

しかし巨人での在籍期間2年の間でわずか1勝、その後は国内・国外の球団のトライアウトを受けながら韓国リーグや地方リーグの球団を転々としながら現役を迎えました。

 

野球好きの間では玄人・苦労人とも言われ有名な話です。

 

 

引退後は韓国リーグのサムスン・ライオンズなどでインストラクターを務めることになりました。

当時のサムスンの投手の制球を改善、勝利への鍵となったことで指導者として評価を受けるようになりました。

 

1年ほど韓国プロのコーチとして契約・在籍していましたが1年で退団。

 

日本へ帰国後は野球解説者や野球教室などへ積極的に参加し、TBSチャンネルや関西テレビなどで解説者としてテレビでも活躍するようになりました。

 

 

現在の中日ドラゴンズの二軍投手コーチになったのは2019年からで、日本の球団での活動は2012年の現役引退から7年ぶりとなりました。

 

 

ここまで聞いても苦労人だと言うことが分かりますね。

 

中日・門倉健2軍コーチの家族構成や人間関係・性格について

門倉健氏は長い顎がトレードマークで、「アゴ倉」「モアイ」などと呼ばれ親しまれていました。

身長193cmと大柄でしたが、穏やかな性格で、2021年1月には虐待されニュースとなっていた犬の飼い主を説得し可愛そうな犬を保護したことで話題となっていました。

 

大の犬好きと自称したり、少年野球の大会を主催するなど動物や子供が好きな一面が見られ優しい性格なのだとわかりますね。

 

またさまざまなチームを経験してきたことから、どんなチームや国でも人と関わっていける社交性のある性格だったとも取れますね。

 

 

また、家族でテレビ出演し自宅である豪邸を紹介するなどプライベートを見せる一面も。

 

奥様は門倉民江さんで、とっても美人な奥様です。

夫婦で犬好きで保護活動にも積極的に取り組んでいらっしゃるようです。

 

 

お子様は門倉勇貴さんと門倉りおさん、一男一女の4人家族でいらっしゃいます。

 

家族の誕生日には揃って祝い、記念写真をとる、どこにでも…というよりは普通より仲がよく幸せな家庭だと見受けられます。

 

 

【関連記事】

 

 

中日・門倉健2軍コーチの後任は誰?

門倉健2軍コーチが突然退団してしまい、球団やファンも理由が分からず戸惑っているようです。

中日の2軍は現時点で調子が良かっただけに、自ら退団される理由がわかりませんね。

 

 

【関連記事】

 

球団は現時点では後任コーチを指名せず、今いるスタッフでやりくりするとのこと。

 

つまり門倉健2軍コーチが元の鞘に戻る可能性もありそうですね。

 

 

 

 

 

おすすめの記事