東京パラリンピック車いすラグビー日本代表メンバーで、男女混合チームで唯一の女性である倉橋香衣選手について、

  • 出身高校・大学などプロフィールまとめ
  • 仕事や結婚など経歴まとめ
  • トランポリン事故や怪我、車いすラグビー経歴について

などをまとめました!

 

笑顔が可愛い、チームの紅一点の倉橋選手はもともとトランポリンの選手でもありました。

事故後も明るく前向きな姿が印象的で、車いす競技の中でも唯一車いす同士の接触が認められる、激しいスポーツである車いすラグビーで日本代表選手の座を勝ち取っています。

 

どんな選手なのかとても気になりますね!

 

 

倉橋香衣の出身高校・大学・所属などwikiプロフィールまとめ!

  • 名前:倉橋香衣(くらはしかえ)
  • 生年月日:1990年9月15日
  • 出身:兵庫県神戸市
  • 高校:神戸市立須磨高等学校
  • 大学:文教大学教育学部
  • 所属:商船三井/BLITZ
  • SNS:

 

倉橋香衣選手は兵庫県神戸市出身です。

現在は埼玉県越谷市にお住まいです。

 

 

地元神戸の須磨高等学校を卒業されています。

倉橋香衣選手が卒業したのは2009年3月ですが、その後神戸市立須磨高等学校は2011年に神戸市立神戸西高等学校と再編・統合のため閉校となっています。

 

現在は校舎が取り壊されています。

須磨高等学校の卒業生には、

  • 桑原康伸(ベーシスト、ガガガSP)
  • 田嶋悟士(ドラマー、ガガガSP)
  • 藤原芽子(プロボクサー)
  • 土井康平(サッカー選手)

などがいます。

 

倉橋香衣選手は高校卒業後、教師を志し埼玉県にある文教大学教育学部に進学されます。

 

教師の夢は小さい頃から持っていたもので、大学では中学と高校の体育教師の免許を取得されています。

 

小さい頃から体力のある活発な女の子だったそう。どれだけ遊んでも疲れず、夜になってもなかなか寝なかったことから、母親によって疲れさせるために体操を始めたのだとか。

 

水泳やクラシックバレエなどいろいろな習い事をした中で、一番疲れて興味を持ったのが体操だったということです。

 

 

小学校1年生から高校3年生まで続けた体操でしたが、調べてみたところ大会などでの記録を見つけることはできませんでした。

 

須磨高等学校には体操部がありましたが、小中学校ではクラブに所属していました。

神戸市内には

  • 須磨ジュニア体操クラブSparklingダンススタジオ
  • ガンバ体操クラブ垂水教室
  • ガンバ体操クラブ神戸教室
  • ウエルネス体操クラブ神戸
  • エアボーンスポーツクラブ神戸芦屋子供体操教室

などがあります。

 

倉橋香衣の経歴まとめ!仕事や結婚・彼氏は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

minmin(@conemakage)がシェアした投稿

倉橋香衣選手の経歴や結婚相手・彼氏はいるのかについてまとめました。

  • 2008年:文教大学教育学部入学
  • 2010年:トランポリンの大会で事故・頚椎損傷・大学休学
  • 2014年:大学復学
  • 2015年:BLITZ加入
  • 2016年:文教大学教育学部卒業・商船三井入社
  • 2017年:車いすラグビー日本代表選出

 

倉橋香衣選手は大学進学時に越谷市に引っ越し、一人暮らしをはじめました。

トランポリンの事故後、リハビリのために神戸に戻られていた時期もありましたが、「大学へ復学したい」との思いから再び埼玉県内にある国立障害者リハビリテーションセンターの自立支援局に入ります。

 

車いすラグビーをはじめたのはこの頃になります。

 

事故から3年後に、自立支援局を対処し一人暮らしを始め、文教大学教育学部に復学を果たします。

2年間、残りの大学生活を送り卒業されます。

倉橋香衣選手は中学・高校の体育教師の免許状を取得しています。

 

この資格は4年制大学を卒業後、各都道府県の教育委員会に授与申請を行い、教員採用選考試験に合格することで取得できる免許状です。

 

なので、倉橋香衣選手は事故後、大学を退学せずに休学し、復学後もきちんとした勉強したことで教師資格も取れたんですね。

 

リハビリの期間に3年を要しており、復学時には一人暮らしを始められていたとのことで、相当な努力と苦労があったと思います。

 

車いすラグビーのチーム「BLITZ」へ入団したのは2014年で車いすラグビーを初めて1年後くらいのときでした。

 

大学を卒業後は商船三井へ入社します。

 

商船三井は東京都港区虎ノ門に本社があります。倉橋香衣選手は

事業内容

商船三井は、鉄鋼原料、石炭、木材チップなどを運ぶ各種専用船、原油を運ぶタンカー、液化天然ガスを運ぶLNG船、自動車船、さまざまな製品を運ぶコンテナ船など、多彩な分野で時代の要請に答える総合輸送グループです。

引用:商船三井

グループ会社や子会社などたくさんの関連企業があるので、倉橋香衣選手が本社に務めているかどうかはわかりませんが、本社は港区にあるのでもしかしたら倉橋香衣選手は港区女子なのかもしれません。

 

仕事は週2回で、アンケートの集計や支払伝票の打ち込みなど事務的な処理をされており、車いすラグビーの練習は週3〜5回というスケジュールだそうです。

商船三井はBLITZのスポンサーでもあるため、働き方の理解に加え、ラグビー用車いすの支給なども支援しています。

 

休日には選手仲間とよく話したり食事に行くとインタビューで答えていますが、現在はコロナ禍なので外出も難しいことと思います。

練習がオフの日には家で家事をして過ごし、近くのショッピングモールへ遊びに行くこともあるのだとか。

 

一人暮らしなので、家事をしているとあっという間に一日が終わるのだとか。

つまりまだ独身であることがわかりますね。

 

リハビリ期間やその後の選手生活に加え、身の回りのことを一人でしないといけないとなると、恋人を作る間もなく忙しい日々を送っていると思われます。

 

倉橋香衣のトランポリン事故とは?怪我の程度や車いすラグビーの経歴についても

 

倉橋香衣選手は2010年大学3年生のとき、埼玉県越谷市主催の大会で決勝戦本番前のアップ中に、本来背中で着地する技を失敗し頭から落ちてしまいました。

診断は頚椎損傷。

症状

完全麻痺と不全麻痺があります。損傷された脊髄から遠位の運動・知覚の障害がでます。完全麻痺では下肢が全く動かず(頚椎では四肢が全く動かない)、感覚もなくなります。

治療

受傷直後は「脊髄ショック」の状態で完全麻痺と不全麻痺の区別が付きませんが、脊髄ショックを脱して完全麻痺であれば一般的に予後は期待できません。治療は不安定性(グラグラしている)のある損傷脊椎の固定が中心となります。不全麻痺で脊髄圧迫が残っている場合には、圧迫を除去する手術を行います。

麻痺が遺残した場合には、残っている機能を使用して日常生活でできることを増やすために、リハビリテーションを行う必要があります。

引用:日本整形外科学会

 

倉橋香衣選手は頚椎損傷のうち、首の7つある骨のうち5番目の骨が脱臼骨折しており、X線写真での診断後はすぐに折れた骨を固定する手術が行われ、首から下は動かなくなると告げられたそうです。

同じ頚椎損傷でも麻痺の程度や症状は人それぞれです。

倉橋香衣選手の場合は

  • 鎖骨から下の感覚がほとんどなく、痛みや温度は感じなくなった
  • 動かせるのは方や上腕の一部だけ
  • 指が曲げられないので食事はスプーンやフォークが持てる自助具を使用
  • 自律神経の働きが弱まり血圧調節ができにくくなる。はじめはベッドを30度起こすだけでも意識を失いそうになるほど
  • 汗がでなくなり体温調節が難しい
  • 呼吸の機能も衰えるため肺炎にかかったことも
  • ペンが握れないので、自助具を使用して字を書く
  • 排尿や排便がしにくいので膀胱にカテーテルを入れて自己導尿や排便をする
  • 一人でトイレに行くときは長いときで5〜6時間かかる
  • 車いすから落ちると一人では起き上がれず介助が必要

 

日常生活をこなすだけでも想像を絶しますね。

車いすラグビーでは障害クラス0.5〜3.5の選手が集まります。

倉橋香衣選手は最も障害が重い0.5クラスです。

 

車いすラグビーでは1チーム4人のクラスの合計が8点以下で構成しなければいけません。

さらにコート上に女性選手が加わる場合はクラスの合計に0.5点追加されることが許されます。

 

つまり、倉橋香衣選手がコートに入れば、障害の軽い選手がより多く出られるようになり有利なチームを組むことができます。

点数稼ぎ、とも捉えることができる代表選出ですが倉橋香衣選手はとってもポジティブな正確なので、「選ばれたからには頑張ろう」と決意したそう。

 

倉橋香衣選手の車いすラグビー経歴は以下の通り。

  • 2015年:BLITZ加入
  • 2017年:日本代表選出
  • 2017年3月:カナダで開かれた大会で日本代表デビュー
  • 2017年8月:世界選手権アジアオセアニア地区予選・持ち点0.5の最優秀選手
  • 2018年:ジャンパラウィルチェアーラグビー競技大会
  • 2019年:ウィルチェアーラグビーワールドチャレンジ2019
  • 2021年:東京パラリンピック日本代表

 

倉橋香衣選手の代表選出後のデビュー戦はカナダで開かれた大会で、先発メンバーに選ばれ4つのすべてのピリオドに出場されました。

点数のハンデなど感じさせない重要な存在であることがわかります。

 

 

まとめ

今回は車いすラグビー日本代表の倉橋香衣選手について、

  • 出身高校・大学などプロフィールまとめ
  • 仕事や結婚など経歴まとめ
  • トランポリン事故や怪我、車いすラグビー経歴について

などをまとめました。

 

倉橋香衣選手についてリサーチしていると、どの写真も笑顔なんです。

重度の麻痺を負う怪我をした際も、「明後日、飲みに行く約束をしていたのに‥」とか「大学の体育館が二階なので、どうやってそこまで上がろうかな‥」とあまり悲観しなかったそう。

 

周りの心配をよそに「なんで泣かなあかんの」「体操やってて、首の筋肉が強くて太かったから生き延びたんや」「早くまた大学に行きたい」と常に前向きな姿であったことがわかります。

 

もちろん、日常生活をこなすのは相当な努力や苦労が必要で、大変で辛いものという想像ができますが、

そんな中でも友達に手紙を書いたり、マニキュアを塗ることやコンタクトレンズを装着することにチャレンジするなど、とても積極的にリハビリを受けていたそうです。

 

倉橋香衣選手の競技する姿や笑顔にたくさんの人が救われることと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

おすすめの記事