メルカリでタオバオやシェンユーの商品は買える?

日本最大級のフリマアプリ「メルカリ」が中国で最大のショッピングサイト「タオバオ(淘宝)」と、中国で最大の中古品マーケット「シェンユー(閑魚)」との連携をはじめました。

 

メルカリユーザーは特別な対応をすることなく、中国のユーザーに向けて出品できるということから大規模な販路拡大となりました。

メルカリに出品した商品をより多くの人に買ってもらえるようになるのは分かりましたが、

 

  • メルカリでタオバオやシェンユーの商品を買うことはできるのか
  • サービスはいつから始まるのか
  • 危険はないのか?安全性について

 

など気になることをまとめました。

メルカリでタオバオやシェンユーの商品を買うことはできるのか

「メルカリ」の国内出品者は特別な対応をすることなく、中国最大級のECプラットホーム「淘宝(タオバオ)」と、流通総額3兆円規模の中国最大の中古品マーケットプレイス「閑魚(シェンユー)」への販売機会の拡大が見込まれ、「淘宝(タオバオ)」および「閑魚(シェンユー)」のユーザーは「メルカリ」から、厳選された日本の高品質で状態の良い品を購入できるようになります。

引用:PRTIMES

メルカリ×タオバオ×シェンユーの連携で出来るようになることは、

 

  • メルカリの出品者はいつもどおり出品
  • タオバオ・シェンユーでメルカリに出品されている商品が検索できるようになる
  • タオバオ・シェンユーのユーザーがメルカリ商品を購入できる
  • 中間業者「BEENOS」が代理でメルカリで購入手続きをする
  • メルカリ出品者は「BEENOS」宛に商品を発送
  • タオバオ・シェンユーのユーザーは「BEENOS」から商品を受け取る

 

という仕組みです。

メルカリ → タオバオ・シェンユー

の一方通行のみのサービスなので、

メルカリでタオバオやシェンユーの商品を購入することはできません。

 

 

シェンユーでは月間アクティブユーザーが9000万人と言う超巨大マーケットプレイスです。

メルカリは2020年7月のサービス開始7周年時で月間ユーザー数1755万人と、日本最大ではありますが中国の規模の比ではありませんね。

 

これまで出品しても売れなかった商品でも中国の9000万人超えのユーザーの目に留まるかもしれないので、より売れやすくなりそうです。

 

取引や発送については、中間業者である「BEENOS」が全て行うので、メルカリのユーザーは特別なことを行わなくても良いのです。

つまり、ただ売れやすくなる、ということですね。

 

メルカリでは2019年に「Buyee」との連携も開始しており、既に100カ国以上のユーザーへの海外転送サービスへ対応しています。

BuyeeもBEENOSが運営している海外転送サービスなので、スムーズなサービスが期待できそうです。

 

 

サービスはいつから始まるのか

中国向けに商品が売れやすくなる、ということなら早く販売を開始して顧客をゲットしたい!なんて方も多いでしょう。

Buyeeではこのようなアカウントがメルカリで商品を購入し、海外へ発送します。

 

タオバオやシェンユーからの購入も、このような専用のアカウントとの取引になると推測できますね。

メルカリにはユーザーを検索する機能がないので、既にサービスが始まっているかどうか特定することはできませんでした。

 

 

海外に輸出できないものや新着商品などは海外から購入できないよう制御される場合もあるので、いち早くタオバオ・シェンユーからの顧客を獲得したい場合は、

  • 状態の良いもの
  • アニメ関連のフィギュアやカード
  • 日本限定のアイテム

などが海外からの需要が高いようです。

これらを早めに出品しておくといち早く中国ユーザーをゲットできそうですよね。

 

中古品においても日本からの商品への信頼性は高く、日本人はものを大切に扱うというイメージ、日本のアニメ関連のフィギュアやカードなど日本限定のアイテムが入手できる独自性が高く評価されています。

引用:BEENOS

 

 

危険はないのか?安全性について

このサービスが始まることにより、ネットからは安全性についての不安の声も。

 

 

今回のサービスによって不安を持つ人は

  • 個人情報が漏れるのではないか
  • ただ単に中国人が嫌いなので取引したくない

 

という意見が多かったです。

 

今回連携サービスを提供するのはBuyeeを運営するBEENOSで、メルカリでは2019年から世界100カ国を相手に海外転送サービスを行っている会社です。

これまでにメルカリの個人情報がBuyeeを介して世界中に漏洩してしまった…なんてニュースはないので、過度な心配は無用に思います。

 

メルカリに対しての個人情報漏洩の心配は、その他のサービスやSNSでも考えられるものなので、メルカリやBEENOSのセキュリティが甘い・不安だ、などと決めつけるのは違いますよね。

 

また、タオバオやシェンユーから購入されたからと言って、「中国人相手に取引をするわけではない」ことは覚えておきましょう。

Q. 海外の人と直接やりとりをしますか?

A. 海外の購入者とのやりとりは発生いたしません。海外のお客さまとのやりとりはすべてBuyeeによって行われます。

引用:メルカリ

 

購入者の情報も、出品者の情報も、代理人であるBEENOS止まりなので中国まで個人情報が渡る心配はなさそうです。

また、メルカリではタオバオやシェンユーからの購入があっても「匿名発送」が利用できます。

 

心配な方は匿名発送を利用すると良いでしょう。

 

また、「中国人相手に取引したくないな〜」と言う方は、タオバオやシェンユーから購入があった場合には「取引キャンセル」をすれば良いですね。

中国では日本製品が人気で多く出回っていますが、日本でもまた中国製品が多く出回っており、自分の身近にもMade in Chinaがあることはしっかりと認識しておいたほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

今回は、

  • メルカリでタオバオやシェンユーの商品を買うことはできるのか
  • サービスはいつから始まるのか
  • 危険はないのか?安全性について

などをまとめました。

 

このサービスは、メルカリの商品をタオバオやシェンユーのユーザーが購入できると言うもので、

タオバオやシェンユーの商品をメルカリで購入することはできません。

 

既にこのサービスが始まっているかどうか特定はできませんでしたが、もしタオバオやシェンユーからの購入があっても取引相手は日本の会社で、

発送先も日本国内、手数料もこれまでと同様なのでメルカリユーザーはこれまで通り利用すればいいでしょう。

 

日本ではメルカリでの中古品出品は数年前よりも売れにくくなっていますよね。

中国への販路拡大でこれまで売れ残っていた商品が売れやすくなる可能性は高いです。

 

おすすめの記事