石垣のりこ議員との不倫含む3股が発覚した菅野完(すがのたもつ)氏。

 

不倫相手の女性に相当貢いでいたということで、この人の年収はいくらなんだ?と気になりました。

 

 

また自身のサロンの内容や正式な職業も気になります。

 

過去には学歴詐称や逮捕歴もあるとかで話題に絶えない人物です。

 

今回は菅野完氏の経歴や年収などをメインにプロフィールを深掘りしていきます。

 

 

菅野完の職業や年収は?サロンの会費や内容についても!

菅野完氏のWikipediaを見てみると、著作家・フリーライター・活動家となっています。

現在は立憲民主党参議院議員の石垣のりこの議員秘書が最終職歴とされています。

 

また、日本学術会議会員の任命問題に対するハンガー・ストライキの中心人物ともなっています。

 

議員秘書の40代の平均年収はおよそ800万円〜で、キャリアを積む程に収入がアップするようです。

 

菅野完氏には働いて得る賃金の他に、著書の出版から入る印税やサロンの会費なども収入源になっているでしょう。

 

これまでに出した著書は

  • 『日本会議の研究』扶桑社新書
  • 『保守の本分』扶桑社新書
  • 『踊ってはいけない国で、踊り続けるために――風営法問題と社会の変え方』河出書房新社
  • 『日本会議をめぐる四つの対話』ケイアンドケイプレス

があります(共著含む)。

「日本会議の研究」は第16回 (2016年度) 石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞 草の根民主主義部門 奨励賞、第1回 大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞 読者賞を受賞しており、約18万部以上発行されています。

共著として出版した「日本会議をめぐる四つの対話」も16万部以上発行されています。

 

この2冊の印税だけでも8000万円以上となります。

 

議員秘書の収入がなくてもとてもお金持ちと言えますね!

 

【SUGANO.SHOP】

こちらでは菅野氏のさまざまな活動レポートや論評、勉強会などのイベント開催などを配信するサロンのショップです。

 

月一回の勉強会などのイベントが特典として付いた菅野氏編集の月刊誌の購読料は月4,509円と設定されています。

 

思っていたよりも高額ではないですね。

 

日経新聞の購読料と同額で販売されており、「日経新聞1ヶ月分より面白い!」と菅野氏本人のお墨付きです。

 

月に100人ほど購読すれば、45万円ほどの収入はまるっと菅野氏のものになりますね。

 

著書や議員秘書、サロン運営などさまざまなところに収入源を確保されていますね。

 

菅野完の経歴や職歴・逮捕歴について

菅野完氏のこれまでの所属・職歴は以下の通り。

  • 高校卒業
  • アメリカ留学
  • 2005年〜 もしもしホットライン
  • 2013年〜 生活産業サービス事業部
  • 2013年〜 IT・エンジニアリング事業部第二オペレーションマネージャー
  • 2020年〜 立憲民主党参議院議員石垣のりこ氏の議員秘書

 

これらに所属しながら働く傍ら、政治運動にも積極的に参加されているようです。

 

菅野完氏には逮捕歴がある、との話もありますが実際には逮捕されたのではなく、提訴されたのが正しいよう。

強制わいせつなどで被害女性から損害賠償を求めて提訴されています。

 

この件は東京高裁まで審議が上り、判決後は警視庁に書類送検されています。

その後、自身の加害癖を治すために認知行動療法などのプログラムを受けているそう。

 

一見反省の色が見えた形でした。

 

しかし、アメリカ留学中にも同様に女性への暴行容疑で逮捕状が出され、そのタイミングで菅野完氏は日本へ帰国(国外逃亡)しています。

 

かなりの年月が経った後に保釈金を払い、逮捕されることなく事件を収めてしまいましたが、このときも反省からか認知行動療法を受けています。

 

認知行動療法は反省のポーズなのか、それとも効果のない療法なのか…謎ですね。

 

 

上記のような事件を起こしていますが、菅野完氏には「逮捕歴」はありません。

 

ちなみに、逮捕歴がある人物は議員秘書になるための受験資格は与えられません。

 

逮捕状が出ていた、提訴されたことがある、書類送検された、などは議員秘書の受験資格があるということでしょうか。

 

菅野完氏が議員秘書になった経緯も気になりますね。

 

菅野完の出身大学など学歴、プロフィールまとめ!学歴詐称についても

菅野完氏は2015年頃まで自身のTwitterのプロフィールに「テキサス大学オースティン校で政治学を専攻し、卒業」と記載していましたが、

実は2年制のセントラル・テキサス・カレッジであることが判明しました。

 

テキサス大学オースティン校は、入学難易度が高く合格率は40〜50%と言われるレベルの高い学校です。

セントラル・テキサス・カレッジは2年制のいわゆる短大。

難易度が高い…と言うよりは働きながら通える学費の安い学校という印象です。

 

菅野完氏の学歴は

  • 天理市立櫟本幼稚園
  • 天理市立櫟本小学校
  • 大阪明星学園中学校
  • 大阪明星学園高等学校
  • セントラル・テキサス・カレッジ 中退

となります。

 

セントラル・テキサス・カレッジに在学中にアメリカで事件を起こし、逮捕状が出ているのにも関わらず日本へ逃亡。

1997年の事件発生から2021年1月まで逃亡し続けていたことになります。

在学中でのできごとでしたので、そのまま退学となったのでしょうか。

 

高校時代は大阪明星学園高校に通っていました。

偏差値は65〜71と進学校ですね。

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事