2021年5月19日に開設されたばかりの、他のYouTube動画とは全く違う試みのチャンネル、100日後に食われるブタ - Eaten Pig after 100 days

タイトルから分かる通り、このチャンネルは100日後に食べる目的でミニブタを飼育し、その日々を毎日動画などで配信されているのが特徴です。

 

100日後に、と言われればきくちゆうきさんの漫画作品「100日後に死ぬワニ」を想起させられますね。

100日後に死ぬワニは2019年12月12日から2020年3月20日の100日間に渡りTwitterで配信されていた漫画で、99日目まで四コマ漫画の最後のコマの下に「死まであと○○日」と表示されているのが特徴でした。

 

1年以上前の作品ですが、斬新な発想の作品ゆえ覚えている方は多いかと思います。

100日後に食われるブタはそれを意識してミニブタを「食われる」としてYouTubeで動画を毎日更新されています。

 

こちらもワニと同じく、動画の最後に「食べられるまであと○○日」と毎回カウントされていきます。

 

この記事では、

  • 100日後に食われるブタの飼い主とカル様のプロフィールまとめ
  • カル様(ミニブタ)は食用?品種や寿命・エサや値段についても
  • カル様(ミニブタ)がかわいい!食べられる日時はいつ?賛否の意見・コメントまとめ
  • まとめ

などについて調査してまとめました。さっそく見ていきましょう!

 

100日後に食われるブタ飼い主とカル様のwikiプロフィールまとめ

 

飼い主プロフィール

100日後に食われるブタの企画者であり、ミニブタ、カル様の飼い主である投稿者の方のプロフィールは基本的にほぼ情報がありません。

 

動画内で映る手などから想像するに男性で、左手の薬指に指輪がはめられていることから既婚者であることが分かります。

しかし実際には本名も活動名も公表されていないため、投稿者についての情報は一切不明です。

 

炎上覚悟での活動の為、個人的な情報は公開しないのはある意味当然と言えるでしょう。

 

ニュースサイトなどでもこのチャンネルは話題となっており、このチャンネルは個人で運営されているものではなく、複数人で運営されているようです。

運営主は動画編集や教育などの事業を行っている会社の社長のS氏、ブタの飼い主はS氏の企業が主催している動画編集で収益を得る講座の一人の方だとか。

 

 

現在はVtuber養成学校のほかにもYouTuber養成学校が数多くあり、100日後に食われるブタのカル様の飼い主もそのような学校に通っていると思われます

YouTuber養成学校には

などがあり、このようなスクールに所属されていると推測できます。

 

動画編集など全くの未経験・初心者でも1から学べる場となっていて、基礎からしっかり勉強をすることが可能なので

コロナ禍における在宅ワークなどとして習う方が多く、人気があります。

 

上記以外にもYouTuber養成学校はたくさんありますので、興味のある方は調べてみても良いかもしれません。

匿名掲示板2ちゃんねるの創始者として有名なひろゆき氏からも絶賛されています。

 

ミニブタ(カル様)プロフィール

    • 名前:カルビ(通称カル様)
    • 種類:ブタ/ミニブタ
    • 性別:オス
    • 年齢:0年3か月(2021年6月現在)
    • 生年月日:2021年2月27日
    • 性格:甘えん坊・食いしん坊

こちらが一番最初にカルビ(以下カル様)の公開された姿となります。

 

名前の由来は、投稿者・この企画の主が豚カルビが好きなことからカルビ、と名付けられたとか。

動画投稿時では生後75日であるので、そこから計算するとカル様の生まれは2021年2月27日であることが推測できます。

 

好奇心旺盛で尻尾を振りながら可愛らしく室内で遊んでいます。

その姿はまるで子犬のようで、とても可愛いです。

 

ブタの尻尾は犬同様感情を表現されているようで、楽しかったり嬉しかったりすると左右に大きく揺れるので、本当に子犬のようです。

 

まだ子豚なので遊ぶのが大好きでしぐさがいちいち可愛らしく、今後成長したらどんな姿になるのか、どのくらい大きくなるのか、落ち着いた性格になるのか、など

気になることが多いですが、そのころには食べられてしまうので想像すると少し複雑な気持ちになりますね。

 

動画最後の「食べられるまであと99日」のカウントダウンが気になってしまいます。

動画は毎日配信されており、日に日に成長する姿や生活に馴染んできている様子や散歩など様々なカル様の姿が見られます。

 

100日後に食われるブタののYouTubeチャンネル開設は2021年5月19日。

動画初投稿は5月25日となっています。

 

チャンネル開設から1週間で早くもチャンネル登録者数は4.78万人を超え、カル様の生活している可愛い姿や今後どうなるのか、本当に食べられてしまうのかなど、興味のある方はかなり多いようです。

TwitterやTiktok、Instagramでもカル様の生活している姿を見ることが出来るので、興味のある方はYouTube以外のSNSをチェックしてみてもよいかもしれません。

 

カル様(ミニブタ)は食用?品種や寿命・エサや値段についても

 


ミニブタは近年ペットとして人気が高い動物ですが、ミニブタは食用としても問題はないようです。

 

動物の愛護及び管理に関する法律に引っかかることもありません。

しかし牛やブタなどは屠殺場で解体する必要があり、自宅などで解体してしまうと法律違反となり犯罪です。

 

なので100日後カル様が食べられてしまうのであったら屠殺場などへ連れていかれ、食肉として加工されてしまうものだと思います。

 

カル様の品種は小型ポットベリー系ミニブタかと思われます。日本で一般的にミニブタと言えばこの種なので、カル様もそうであると推測できます。

 

ベトナム原産のブタで、アメリカでペット用に改良された品種となります。

値段はオスの場合15万円からとなるようです。

寿命は12年から15年。

 

体重は個体差が大きいようですが、大体は60kg程度の重さまで育つそうです。

 

カル様のご飯は、主材料トウモロコシ、小麦粉、大豆粕などの日生研NS-Dに豆乳おからパウダーとヨーグルトを加え水で混ぜたものです。

Amazonでも販売されており、

などがあります。ミニブタを飼育するうえで必要な栄養素が揃っており、補助食として必要なようです。

 

ミニブタフードや野菜などで月にかかる食費は月に1万円~1万2000円ほどです。

飼い主自身の食費と合わせると結構な金額になります。

 

犬の餌代が月に4000円ほどであることから考えてもミニブタの餌代はかなりかかりますね。

 

カル様は現在まだ幼いので、このような食事なのでしょう。

ある程度大きく成長したらミニブタ用フードやサツマイモや小松菜などの葉類、果物なども食べるようになるのかと思われます。

 

ブタはとにかくたくさん食べ、与えられたエサはすべて食べてしまいます。

食べれば食べるほど大きく成長するので今後どの程度大きくなるのかはエサによる影響が大きいです。

餌代もお金がかかるので、育てるにはある程度の資金が必要です。

 

カル様(ミニブタ)がかわいい!食べられる日時はいつ?賛否の意見・コメントまとめ

YouTubeの動画やTiktokなどで愛らしい姿を見せ生き生きとした動きをするカル様。

食べてしまうのを躊躇してほしいと思ってしまいますが、実際どうなるのでしょうか。

2021年5月25日から100日後は2021年9月2日となります。

この計算だとこれからの暑く明るい季節を超え、夏も後半に入った9月には食べられてしまうことになりますね。

 

Twitterでも様々な反響が見受けられます。

複雑な心境を持つ方から、しっかりと食べるべきという意見や食べない結末を望む方、など様々な反応がありますね。

賛否両論が極端に分かれるであろうテーマであることは飼い主の方もチャンネル運用者の方たちも承知の上での企画です。

今後どうなるのか、残された日々を見守るしか私たちにできることはありません。

 

まとめ

以上「100日後に食われるブタ」チャンネルについてまとめ、見てきました。

果たして100日後にカル様はどうなってしまうのか、それまでどんな生活を送るのか今後が期待なチャンネルです。

2021年9月2日までまだ先は長いです。

100日後の結末を想像するのも良いですが、それまではカル様の愛らしい姿と生活の動画を見守りたいと私は思います。

今後ますます注目度が高まるチャンネルですので、今後に期待ですね・・・!

おすすめの記事